山の上の凄く目立つ廃墟、TPホテル+オマケ

どうもコンニチハ、ぶち丸です。
今回はとある街中の大型廃墟、TPホテルを取り上げてみます。



廃墟TPホテル 探索動画)







今回の物件は電車で行ってきました。駅から歩いて近くなので、中々アクセス良好な廃墟でした。(笑)

2000年のカレンダーが落ちてたので、ここは廃墟になってから二十年くらい経ってるようです。まあ流石に廃墟として二十年選手なだけあって内部はメチャクチャになってますね。
著名な物件で、ワザワザ行く気があまり起きなかったのですが、実際行ってみると中々の荒廃っぷりで楽しめました。b

ちなみに今回の動画も手振れ補正効いてないモードで撮っちゃったやつです。画面がユラユラして見づらくて申し訳ないです。
一応動画としての完成形は前回みたいな手振れ補正効いてるモードで撮ったやつなんですが、このころは何も考えずテキトーに撮ってたので・・・。(笑)
あんまりうまく撮れなかったのが心残りなので、こういう上手く撮れなかった物件はまたいずれ撮りに行くことがあるかもしれません。



廃墟TPホテル 画像集)

今回も画像集を載せておきます。
動画は建物の内部がメインですが、画像集は建物の外観の写真がメインになってます。

_DSC8555.jpg

まず最寄りの駅から目的の物件を望遠で撮ってみました。
山の上にあるのが今回の目的の廃ホテルです。
あれは目立つところにあるということもあり、(私が取り上げる必要がないくらい)カナリ有名な物件のようですね。

_DSC8553.jpg

更にズームしてみました。
ホテル名の下によく分からないマークがついてるのが印象的ですね。
あのマークがあることによって何とも言えないオーラが漂っていているような気がします・・・。

_DSC8559.jpg

今度は徒歩で建物の方に向かっていきます。
目立つところにあって、道に迷いようもないのが大変ありがたいです。(笑)

_DSC8596.jpg

道路わきに小道があったのでソコを上ってきました。
こんな感じの道を進んで目的の建物に近づいていきます。

_DSC8600.jpg

道を上っていくと、やがてこんな感じの建物が出てきました。
こちらは大型の客室棟横に付属している宴会場等が入っている別棟です。

_DSC8598.jpg

建物全体をいれようとしましたが、流石に入りませんでした。(汗)
それにしても鬱蒼と生い茂る自然に包まれた廃ホテルで、良い感じですね。見てるだけで期待が高まってきます。

_DSC8595.jpg

さらに道を少し進むと、こんな感じのトンネル的な部分に出ます。近くに高校があるので学生の声が結構聞こえてくる場所です。
トンネルを越えた奥に道が続いているので、ここを更に進みます。

_DSC8592.jpg

道を進み建物の裏側に回り込んでいくと、ようやく正規の入り口に到着しました。
何気に入口まで歩いていくと距離ありますね。駅から結構歩く必要があるのが、ホテルがつぶれた原因だったのかな・・・。 

_DSC8573.jpg

少し引いて建物全体を映すとこんな感じ。
中々年季の入った外観で、廃ホテルとしてはまあ王道と言ってよいでしょう。(笑)

_DSC8594.jpg

下から俯瞰で撮った写真。
結構高さがあるので、見上げてみると迫力は中々でした。

_DSC8587.jpg

入口を改めて別の角度から撮った写真。
建物は中も含めて落書き多めでした。有名な物件なので、よからぬ来訪者の数も当然多いんでしょう。

DJI_0017 00_12_42_23 静止画002 のコピー

途中の通路。
建物内部はかなりの荒廃っぷりでした。
地面には物品が散乱していて歩きにくいことこの上なかったです。おかげでぶれまくって、動画の質がだいぶ落ちてしまいました。

_DSC8585.jpg

ちなみに1Fの外にはこんな感じのプール付き広場もありました。
動画の中で後で撮ると言ってたのですが、動画で確かここを撮ってなかったので、写真だけ載せておきます。

_DSC8574.jpg

屋上からの眺め。
見晴らしは良かったのですが、屋上にいると凄い目立つので、長居するのは難しいです。(汗)



(オマケ:TPホテル周辺の廃墟群)

TPホテルの周辺には他にもいくつか廃墟がありました。
そちらも写真だけ撮ったので、簡易的に以下で紹介しておきます。

_DSC8562.jpg

TPホテルと他の廃墟をセットで撮った写真。
奥に見えるのがTPホテルなのですが、手前のアパートみたいな建物とその両者の間にある建物も廃墟化している物件のようです。

_DSC8570.jpg

アパートの裏手。一応遮るものもなく敷地内に入って行けるようです。
ただアパートは興味がないし、通路にいると外からもろバレなので、コチラはやめときました。

_DSC8565.jpg

そして最後はコチラ。
廃アパートとTPホテルの間にある廃墟で、作陽音楽大学常盤寮という名前の施設らしいです。
こちらも落書きや汚れが見られたりと、中々の朽ちっぷりでした。
ただ流石に不使用施設とはいえ、現役の大学の建物に入るのは普通に無理なので外観の撮影にとどめました。(笑)
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

荒ぶるプリン

こんばんは

地味に最初の穴が結構危ないですよね

ホラーゲームとかだったらあの声は死者が呻いてるみたいになりそう
部屋がそんなに荒らされずに割りと綺麗な所とかは
逆に怖さが感じられたりしますね

  • 2022/08/26 (Fri) 20:46
  • REPLY
ぶち丸

ぶち丸

荒ぶるプリンさんへ

お久しぶりです、プリンさん。コメントありがとうございます!


最初の方に出てきた穴は危なかったですね。
前に別の廃墟であんな感じの穴に転落したことがありました。
そういうこともあって、最近は下の方をしっかり注意して歩くようにしてる感じですね。

確かに客室はかなり古い廃墟の割に綺麗目だと思いました。
下の階の荒れまくりの光景とは差が大きいですよね。
たぶんヤンキーの人とかも上の方にまで行くと疲れてしまうんだと思います。(笑)