脳内交響曲

ARTICLE PAGE

08 2020

旅行記 2020夏 その①(滋賀県・長野県・山陰地方)

どうもコンニチハ、ぶち丸です。
前回言った通り、今回はしばらく前に旅行先で撮った写真を色々載せていこうと思います。
(撮った時期は夏ごろ、撮った場所は滋賀県、長野県、山陰地方等々です。)



2020年6月7日 滋賀県

〇旧中川煉瓦製造所

滋賀県の某所にあるレンガ製造所跡。
全然詳しくないけど、この辺りはいくつかの史跡が残っているようで、今回訪問したのはその一つです。

DSC_3376.jpg

駐車スペースからしばらく歩くと、ちょっとした草原の中にレンガの構造物がありました。
どういう用途に使われていたかは全く分かりませんが、恐らくここはレンガの製造に関係する場所だったのでしょう。

名称未設定_パノラマ2bb

↑はレンガ造りの廃墟に残されていた用途不明の機械の写真。
ちなみにこの写真は後から無理やり複数の写真をつなげて一つの写真にしたものです。
形がガタガタになっていますが、一応つなげることができたのでよかったです。(笑)

見た感じ、この機械は最近の物ではなく大分古いものなんでしょう。
全然どういう用途で使われていたのか分からないけど、歯車なんかがついてたりして見た目は好きですね。
機械の写真を撮りたいと思っていたので、こういうのが残されているのはありがたいです。

一応他に何か残ってないか暫く周辺を散策してみました。
ただ、ここは行ける範囲では他にはそれほど残されているものはないようです。
他には駐車場の傍に多少大きい煙突があったぐらい。

正直見どころに乏しいので、まあココに寄るのはよっぽどの暇人だけでいいと思います。(笑)
もっと大きい建築物とかが残されていたら個人的には良かったと思うんですけどね~・・・残念。

琵琶湖&蓬莱山

レンガ製造所跡を出たあとは、琵琶湖の西方向にある蓬莱山に登りました。
そんなに高くない山だけど、登山口に到着したのが遅めだったということもあり、結構ハイスピードで登りました。
(そして帰りはロープウェイを使いました)

名称未設定_パノラマ1bbb完成版20201028

↑は登山道の途中のちょっとした展望台的な場所で撮った写真。
この写真も複数の写真をつなげたものです。

残念なことに湖の左の方がチョット切れてしまいました。
まあこの頃はパノラマ写真を作ることを想定して撮影をしてなかったので、しょうがないですね。
ちなみにこの後山頂にも行ったけど、そこで撮った写真はパノラマ化することが出来ず比較的イマイチな出来なので、今回は割愛。



2020年6月20日 長野県① 

〇立石公園

諏訪湖の近くにある公園兼展望台的な場所。
この日は遅めに出発して到着したのが夜だったので、夜景の写真になりました。

パノラマかんせいばん

上から眺める諏訪湖&諏訪市の街なみ。
持ってるレンズがそんなに明るいやつじゃないので、夜景撮影は結構難しいのですが、なんとなくそれっぽいものを撮ることに成功しました。

公園を出た後は、御射鹿池という池の付近の駐車場まで行き車中泊しました。
夜は完全に真っ暗だし、ガサガサッという獣の移動する音とかも聴こえたりするので、ここで泊まるのは結構スリルがありますね。(笑)



2020年6月21日 長野県②

〇御射鹿池

翌日、早朝に池の方に行ってみました。
夜は真っ暗で何も見えなかったのですが、朝になるとソコソコの広さの池を見ることが出来ました。

DSC_3596.jpg

↑は30枚くらい撮った中で一番よかった写真です。(笑)
この池は強い酸性らしく、水面に綺麗に木が写っているのが印象的でした。
他にも写真撮影をする人がいっぱい来てたので、ココは結構人気なスポットみたいですね。

八ヶ岳

御射鹿池を出発した後は、この日上る予定の八ヶ岳の登山口付近の駐車場へ移動。
ちなみに、この日計画したのは桜平駐車場から出発して硫黄岳に登り、時間が余ったら根石岳の方にも行って見るというプランです。

登山道は長いうえに、上の方に行くまでは眺望も悪く退屈だったので、カナ~リうんざりしました。
まあ樹木が日光を遮ってくれて暑さをしのげるので、そういう意味では楽なのですが・・・。

DSC_3628.jpg

若干周辺が流れてしまったけど、途中にあった木の写真。
白樺?の木にキノコらしきものがいっぱい生えてました。
何気に紫色とか混じっててカラフルでキモイ所が個人的にツボですね。

〇硫黄岳

途中分岐を右に行き、まずは硫黄岳の方へ行きました。
ここでは途中左手に見える火口の絶壁が中々壮大で印象に残りましたね。
ただ、この日は超絶曇りで山が霧に包まれていたので、あんまりいい写真が撮れなかったのが残念でした。

DSC_3688.jpg

↑は山頂付近で撮った写真。
ずっとこんな感じで霧に包まれていたので、ほとんど何も見えませんでした。
ただ、遠くの景色がかすんでいると幽玄な感じがあって、これはこれで悪くないです。

〇根石岳~天狗岳

時間が余っていたので、来た道を分岐のところまで戻って、今度は根石岳の方に行って見ました。
根石岳は山というより、ちょっと小高い丘みたいな場所だったと思います。

名称未設定_パノラマ-1完成版bb☆

↑は根石岳山頂辺りから撮った写真。
遠くの方に別の山が見えました。
左の高くなっている所は西天狗岳という山で、中央の高くなっているところは東天狗岳という名前みたいです。
そして、根石岳の山頂からは道が続いてて、あちらの方にも行くこともできました。

この日はまだ時間的にも体力的にも余裕がありそうだったので、根石岳の山頂から西天狗岳のあたりまで行って見ることにしました。
振り返ってみると、この日はこの道のりが一番ハードでしたね。
一歩間違えれば普通に転落死する険しい道だったので、もう死ぬのかなとこの時は思いました。(笑)
特に途中にある鉄の橋を渡る所は怖かったです。
途中斜めに傾いた手すりの無い網の鉄板の上?を歩く場所があったんですけど、両側が転落したら必死の絶壁だっだので、這いずるように渡って行きました。(笑)
高い所が苦手なので、ああいう経験はもうしたくないですね・・・。

天狗岳

天狗岳山頂からの眺め。
ここからは茅野市を上から見渡すことが出来ました。
この時は結構天気も晴れていて、見晴らしも良かったので嬉しかったですね。

その後はクタクタになりながらも、なんとか駐車場の方へ戻っていきました。
行きと同様、帰りもだいぶ歩いたので、登山のつらさをこの時しみじみ感じました。
(高い所の眺めは好きなので、何だかんだで行くんですけどね)

〇恵那山トンネル

帰りに通った中央自動車道のトンネル。
恵那山を貫通するように掘られたトンネルで、結構距離が長いです。
その他は特に何の変哲もないトンネルなのですが、一応走行中写真を撮ってみました。

DSC_3814.jpg

高速で移動する車内から暗いトンネルを撮影するのは中々難しかったです・・・。
トンネル内部を撮影するには、やはりf値の低いレンズの方が有利なんでしょうね。
(お金に余裕ないので、中々買う気は起きないのですが)



2020年7月23日 京都府

〇海軍第三火薬廠

ここからは山陰地方編。
まず最初に到着したのは京都府の北の方にあるとある廃墟スポットです。

某学校の裏手にある道を進んでいくと、森の中に軍事施設の遺構がいくつか残っています。
あんまり詳しくは知らんですが、ここでは爆薬の製造が行われていたらしいですね。

DSC_3882.jpg

道をしばらく歩いていくと見えてくるアーチ橋です。
元の写真はだいぶ薄暗くパッとしなかったのですが、photoshopで徹底的に修正したら、カナリ見栄えのする写真になりました。

DSC_3892.jpg

道の脇にはこんな感じの建物がいくつか残っていました。
だいぶ藪が濃いのですが、一部草が少なめなところがあって、そこから中に入ることが出来ました。

DSC_3914_3.jpg

建物の中はどこも大体こんな感じでした。
壁面にツマラン落書きが沢山あるだけで、物品等はほぼ残っておらず、あまり見どころはないです。

DSC_3923.jpg

建物の周辺は植物がだいぶ生い茂っています。
私が行った時はヘビの死体(あるいは皮?)らしきものが落ちてたので、ココに行くときは十分注意したほうがいいですね。

感想を言うと、ここは思ったより面白くなかったです。
もっと屋上からの眺望とかがあったら面白かったと思うのですが、そういうのは一切なし。
もちろん機械とか、軍事施設っぽさを感じさせる残留物とかも無し。
そして、そこまで建物が大きいというわけでもなく、構造も単純なので、いい写真を撮れる場所が思ったよりないです。

まあ薄暗い時間帯に行くと結構雰囲気はあると思いますが、遠くからワザワザ行くほどの場所かと言うと・・・という感じです。
立ち入りが禁止されてるとかではないので、気軽に行ける場所だとは思うんですけどね。
やっぱり廃墟は海の近くにある高いホテルとかが良いなあとこの時は思いました。(笑)

〇五老スカイタワー

軍事遺構の近くに展望タワーがあったので一応そこにも行ってみました。
ココのタワーは山の上にあるだけあって、見晴らしがよいですね。
ただ、下からでも眺めは良いので、タワーに登らなくても十分だと個人的には思いました。

名称未設定_パノラマ1bbbbbb

↑はタワーの上からではなく、下の展望台の所から撮った写真です。
一応タワーも登りましたがガラス張りなので、下の方がいい写真が取れる気がします。

ちなみに、これも後から写真を無理やりつなげたパノラマ写真なんですが、うまくいきました。
結構いい加減に撮ったものでも器用につなげてくれるのでphotoshopは万能なソフトだなあと思います。
(動作が重たいのが玉にキズですが)



2020年7月24日① 京都府~鳥取県~島根県

天橋立

翌日は有名な天橋立に行ってみました。
山の上から見れる場所も複数あるみたいですが、朝早くはどこも行けなかったので、今回は低い所から見ることしかできませんでした。

DSC_3973.jpg

北の方に駐車場があったので、そこに車を止めて撮った写真です。
静かできれいな海が広がっていました。

一応ここから歩いて天橋立を渡れるみたいだったので、この日は道を往復してみました。
途中道の脇に結構高い木とかが生えてたりしたので、それはマアマア印象に残りました。
ただチョットした神社があったりするくらいで、他には特に何もないので見どころは少な目です。
まあここはどちらかと言えば雰囲気を楽しむとか、上から眺めるといった要素の方がメインなんでしょうね。

DSC_3986b.jpg

道の脇に生えていた松?の木の木肌を撮ってみました。
これもphotoshopで結構加工しましたが、中々いい写真が撮れたと思います。
結構きめが細やかなので、個人的にこういうのは見ていて楽しいですね。

鳥取砂丘

その後はさらに道を西に進み、有名な鳥取砂丘に行きました。
ここは砂漠というよりはチョット広めな砂浜という感じですかね。
まあちょっとした砂山みたいなところがあったり、こんなに広い砂浜には来たことが無かったというのもあり、結構印象には残る場所でした。
ただ来ている人の数がとても多く、人の写ってない風景を撮ろうとすると、撮影に難儀する場所でもありました・・・。

名称未設定_パノラマ1bb

↑は海の方に向かう途中で振り返って撮った写真。
人をphotoshopで若干消すことによって、結構寂しさの漂う風景を作ることが出来ました。(笑)
まあ、ここでうまく撮れた写真はこの写真くらいですかね。
本当は海が入ってるパノラマ写真とかも作れたらよかったのですが、今回は上手く写真をつなげることができませんでした・・・残念。

〇江島大橋

さらに西に進んで今度は島根県に突入。
この辺りには結構傾斜が急なことで有名な橋があると聞いたので、一応そちらの方に行ってみました。

DSC_4048b.jpg

↑が例の傾斜が急なことで有名な橋の写真です。
交通量が多い中隙を見て車道から撮りました。
まあソコソコ傾斜のある感じには撮ることが出来たと思います。
(若干縦に引き伸ばしてズルしましたが笑)

ただ他の写真に比べると今一つ微妙な写真になっていました。
他のサイトとかにある写真を見るともっと傾斜が急になっているというか、スリルのある感じになっているんですよね。

調べてみると、どうやらここはもっと遠くから撮るとよりスリルのある橋の写真を撮影することが出来るみたいです。
なんとなく近くから撮った方が急な斜面を撮れそうな気がするのですが、不思議とそうはなっていないようです。
世の中にはたくさん分からないことがあるものですね。

〇かもめ荘

江島大橋を離れた後はさらに西へ進んで、出雲市の方へ行きました。
そして、ここには結構奥まった場所に廃ホテルがあると聞いたので、そちらに行ってみました。

名称未設定_パノラマ1bb

国道を外れてしばらく車道を走っていくと、やがて左手に目的の建物が見えてきました。
目的の建物は谷の向こう側の結構遠い所にありました。
思ったより立地が険しかったので、中々雰囲気がありますね。
個人的には今回の旅行ではここを一番楽しみにしていたのですが、初めて生で見たときはワクワクが止まりませんでした。(笑)

結構な枚数の写真を撮ったので、これからココの紹介をしていこうと思います。
ただ、これ以上記事をのばすと画像が増えすぎてしまうので、今回はいったんここで区切ります。
次回の記事でこのホテルの内容について簡易的にお届けしようと思います。
それではまた。
関連記事
スポンサーサイト



琵琶湖 八ヶ岳 天橋立 鳥取砂丘 廃墟

6 Comments

ポール・ブリッツ  

おひさしぶりです。

用途不明の機械は、脱穀機じゃないかな。上の斜めのベルトから穀物を運んで、下の歯車で脱穀し、米と籾殻を分ける、というやつ。昔、小学校の社会科見学で、似たような機械を見た覚えがあるようなないような……。

2020/11/09 (Mon) 15:21 | EDIT | REPLY |   

さとこと申します  

江島大橋にかもめ荘。
わたしの生息地のすぐ近くまでお越しになっていたのがうれしいです。

次回はかもめ荘の中が見られるのですね。
とっても楽しみです(≧▽≦)

2020/11/22 (Sun) 08:48 | EDIT | REPLY |   

ヴェンスン  

こんばんはー
全体的にジブリっぽい写真だぬー@v@n
ではでは/

2020/11/23 (Mon) 00:04 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

ポール・ブリッツさんへ

おひさしぶりです!コメントありがとうございます。

あの機械が脱穀機だとしたらかなり意外ですね。レンガ工場に脱穀機があるというのはとても奇妙です。もしかしてレンガを作る以外にも色々していたとかそういう感じなんでしょうかね・・・?謎は深まるばかりです。(笑)

2020/12/03 (Thu) 02:44 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

さとこさんへ

お久しぶりです、さとこさん。

島根県のあたりにお住まいなんですね~。
車で大雑把に回っただけなので、あまり細かいところは行けてないのですが、一応行ってきました。
全体的に緑豊かで海も見れるしとても雰囲気のいい場所だと思いました。

それにしても私が通った辺りにまさかさとこさんが住んでいたとは・・・。
どちらかというと、私の方こそ感慨深い気持ちでいっぱいですよ。(笑)

かもめ荘の記事は先ほど作って載せておきました。
イマイチな写真が多かったので結構載せるか微妙な気分だったのですが、さとこさんに楽しみにしてもらえたので頑張りました。(笑)

2020/12/03 (Thu) 02:51 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

ヴェンスンさんへ

コメントありがとうございます。
ジブリっぽさというのはイマイチよく分からないですが、意外な感想ですね。
ちなみに次回の記事は草のトンネルとか出てくるので、ますますジブリっぽいと思われます。(笑)

2020/12/03 (Thu) 02:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment