脳内交響曲

ARTICLE PAGE

07 2020

旅行記(静岡・山梨編)①

どうもぶち丸です。
前回の予告の通り、今回は廃墟特集です。



2019年11月19日

廃墟①:山中湖湖畔の廃墟(山梨県)

この日は某有名廃墟を見るために山梨県に行ってきました。

DSC_0169.jpg

人に見つからないよう柵の下をくぐって、しばらく坂道を登っていくと目的の建物の入口に到着。
詳しくは知りませんが、ネットの情報によればココはどうやら保養所だったみたいですね。
結構大きいのかなと思っていたのですが、実際に行ってみるとそんなに大きくはなく、割と小さ目な印象です。

DSC_0173_202001060945537c9.jpg

建物の入口の階段。
落書きが多いので、このときは中に族とかがいるんじゃないかと若干心配になっていました。
(結局中には誰もいませんでしたが)

DSC_0176b.jpg

建物の中に入ると↑のような空間が広がっていました。
広々とした空間にガラスから光が差し込んでいて、なかなかいい雰囲気です。

DSC_0177b.jpg

右を向いてガラスの方を撮った写真。
曇ってて分かりにくいですが、窓の外に山中湖が見えます。

DSC_0186b.jpg

しばらく進んでから振り返って、入口の方を撮った写真。
床が大部分むき出しになっていて、いかにも廃墟という感じ。

DSC_0187.jpg

その後1階には特に面白そうなものはなかったので、二階へ行きました。
ウッカリ懐中電灯を車に忘れてきてしまったので、この時は暗い建物内を目を凝らしながら進んでいきました。

DSC_0188編集

さっきの大部屋の上にある二階の一室。
床に草が散らばっているのが謎ですが、中々この部屋は雰囲気が良かったです。
外と中の境目が殆ど無いも同然になっている所が特に良いですね。
壁とか天井にかなり汚れもついていて、この辺りもツボです。
この廃墟ではこの荒廃した部屋が個人的には一番お気に入りですね。

DSC_0190b.jpg

振り返ってドアの方を撮った写真。
錆びた鉄のドアがかなり良い味を出しています。

DSC_0199.jpg

二階の途中の廊下。
ここでは一部分しか載せてないですが、廊下は結構まっすぐ続いていて長かったです。

DSC_0204.jpg

二階には(たしか)螺旋階段みたいなのがあって、それを使うと屋上に出ることが出来ました。
ちなみに奥の方に見える箱のようなものは何かしらの(多分電気系統の?)機械です。

DSC_0206.jpg

屋上からは富士山を見ることが出来ました。
特に理由とかはないんですが、廃墟で見る富士山ってなんかいいですね。(笑)

DSC_0215.jpg

一階へ降りていく階段の写真。
さっきのとは別の階段ですが、こっちはこっちで雰囲気が出てていいですね。

とりあえずこの廃墟は(大雑把な紹介ですが)こんな感じでした。
感想を言うと、思ってたよりも規模が小さいので正直ちょっと物足りなかったかな。
見どころは一階のガラスの広間と二階のボロボロの部屋と屋上くらいで、それ以外はさして面白いところはなかったです。

ちなみに、この廃墟の近くにもう一個割と大きい美術館の廃墟がありましたが、そっちは内容が大して面白くなかったので今回は割愛。



廃墟②:箱根の山上の廃ホテル(静岡県)

u (1)

山中湖の廃墟を出た後は箱根の山の上にある廃墟へ。
この日は某山岳道路の入口の近くの道を進んで、目的の建物に向かいました。

u (2)


まだ使われていそうな大型の建物の横を通過しズンズン進んでいくと、やがて廃墟っぽい建物が見えてきました。
あれが今回の目的のホテル廃墟です。
先ほど行った山中湖の廃墟に比べるとかなり大きかったので、このときは結構ドキドキワクワクしていました。(笑)

u (3)

やがて建物の大分近くまで来ました。
外壁が黒く汚れて、建物の外と内の境がほとんどなくなっていました。
このホテル廃墟は解体が途中でストップしているとかそんな感じの物件なんでしょうか。

u (4)

ホテル廃墟の入口に至る道は有刺鉄線付きの柵があって行けなかったので、仕方なくまずはすぐ近くにあった別の廃墟に行きました。
こちらはホテルの廃墟とセットで語られることが多い結婚式場の廃墟。

u (5)

中に入るとこんな感じでした。
昔は上がガラス張りになっていたのでしょうが、私が行ったときはガラスが割れて地上に散乱していました。
コッチの建物も荒廃っぷりがやばいですね。
(ここで結婚式を挙げた人たちがもし今のココの風景を見たら何を思うかな・・・。)

その後は先ほどのホテル廃墟の方に戻り、ホテル内部に入れないかと色々試行錯誤していました。
そしてしばらく色々道を調べている内に偶然正規の道とは違う抜け道を見つけたので、この日はそこを通ってホテル廃墟の入口に何とか行くことが出来ました。
(多分ココに行けば50%くらいの人は抜け道の存在に気づくでしょう)

u (6)

ホテル廃墟の入口の近くには↑のような建物がありました。
ネットの情報によれば、ここはたしかホテルの従業員が泊まる建物だったかな?
規模が小さめだったので、今回はホテルよりも先にまずコッチの建物の方に行きました。

u (7)

従業員宿舎の建物の全体はこんな感じ。
コチラの建物も不自然に壊れているので、多分途中で解体がストップしているとかそんな感じなんでしょうね。

u (8)

二階に上がると廊下はこんな感じでした。
物が散乱していて結構危なげな上に、左程面白そうなものも見れなそうだったので、この建物は深く回るのはやめときました。

u (9)

従業員宿舎の建物からはこれから行くホテル廃墟の全体を写すことが出来ました。
写真では分かりにくいですが、建物の下の方の入口のサイズを考えると、この廃墟がかなり大型であることが分かります。

u (10)

その後は従業員宿舎を出てホテルの内部に潜入しました。
↑は建物に入ってすぐのところの写真。
内部は瓦礫の山が出来て、ボロボロに荒廃していました。
かつてホテルだったそうですが、面影がほとんどないので、多分中の物は殆ど撤去されてしまったんでしょうね。

u (11)

ホテル内部は歩く道を探すのも大変なくらい荒廃してましたが、何とか進んでいくと↑のような感じで富士山が見れました。
写真だとイマイチになってしまってて残念なんですが、実際に行って見たときはこの風景は滅茶苦茶綺麗だったのを覚えています。
個人的にはこの時見た風景がこの一日で一番美しい風景でした。
さっきも言いましたが、やはり廃墟と富士山は最高にあいますね。

u (12)

ホテル内部を散策していた時に撮った写真。
ここは大量にモノが散乱していてかなり危ない場所だったので、行く人は頑丈な靴とか履いていった方がいいでしょうね。

u (13)

ホテルの上の方の階で撮った写真。
物が散乱しているのは下の方の階だけで、上の方の階はこんな感じでスッキリしてました。
(地面に草は生えてますが)

u (14)

屋上で撮った写真。
屋上の地面にはこのような感じで穴が開いてました。
写真だと分かりにくいかもですが、転落の危険があったので、実際に行ってこの穴を見たときは普通に命の危険を感じました。

u (15)

屋上から富士山の方角を撮った写真。
実際に行って見たときは凄い綺麗な風景だったんですが、なんか写真だとのっぺりしているような気がして残念・・・。
まあでも、やはり富士山と廃墟の組み合わせは個人的に好きです。



というわけで今回の旅行記は大体以上のような感じです。
本当は結婚式場の廃墟の先に別のホテルの廃墟もあったんですが、まあ左程面白い内容というわけでもなかったので今回はコチラの紹介は割愛しときます。

静岡とか山梨は私が住むところからは結構遠い地域だったんですが、苦労していった甲斐がありました。
特に後半のホテルの廃墟の方は凄くよかったですね。
富士山と廃墟の組み合わせには普段滅多に感動しない私でも、珍しく感動することが出来ました。

ただ廃墟は全体的に良かったんですが、なんかこの日は新しく買ったカメラがイマイチでした・・・。
特にホテル廃墟で撮ったいくつかの写真。
なんかすごいのっぺりしてて、つまらない写真になってしまいました。
これだったら前のカメラの方がマシに撮れたのではと思うくらいしょぼい・・・。
折角良い感じに廃墟と富士山のセットの風景が見れたのに、これでは台無しです。/(^o^)\ナンテコッタイ

動物園に行ったときなんかは結構いい写真が撮れたと思ったんですが、何がいけなかったんでしょうね。
撮る対象によって向き不向きとかあるんでしょうか?
あるいは私のカメラの設定の仕方が悪いとかそういうことなんでしょうか。
(写真撮るときに白飛びしないように暗めに設定してるから、それが原因なのかなあ?)
まあその辺りはよく分かりませんが、とりあえず今後はこうならないように色々研究しておきたいところです。
折角お金かけて遠出してろくな写真が撮れなかったら、それは本当に勿体ないことですしね。

というわけで余計な話が入りましたが、今回の記事は以上のような感じです。
次も旅行記になると思いますが、内容はほとんどできているので投稿までしばしお待ちを。
それではまた。
関連記事
スポンサーサイト



旅行 廃墟

5 Comments

ヴェンスン  

ぶっちーは廃墟探検にはまってるんだねぇ^v^

こんばんはー 記事見たお
写真がいっぱい過ぎてページ開くのが遅いぬー
ではでは/

2020/01/24 (Fri) 18:13 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

ヴェンスンさんへ

こんにちは。確かに写真多すぎたので先ほど色々改良したのですが、まだ見づらいですか?よろしければ教えてもらえると助かります。

2020/01/25 (Sat) 09:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/03/12 (Thu) 01:48 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2020/03/12 (Thu) 01:49 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

ヴェンスンさんへ

ヴぇんスンさん、コメントありがとうございます。
隠しコメントにしてしまうなんて、ヴェンスンさんはうっかり者ですね。笑

> こんばんはー
> なるほど!見やすいか今まで返信を求めていたのかぬー?@v@n
>
> アドヴァイスするとすると
> ~見やすさとかあまり気にせず(笑)自分の楽しいと思う記事を書いて
> 投稿すればいいと思うお~

> 写真が多くて開きにくくてもいっぱい見えるのを楽しみにしてる訪問者もいるはずだから
> つまるところ脳内交響曲は今のままでいいと思うお@v@n
> ではでは/

アドヴァイスありがとうございます。
確かに楽しくブログを書ければそれでもいいと思うんですが、やっぱり個人的には見やすさも大事だと思うんですよね~。
あくまでこのブログは人が見ることを想定して書いているものですし。

とはいえ、最近色々ブログの設定をいじっていたら、どうやらページの見づらさの問題は解決されたようです。(笑)


2020/04/23 (Thu) 08:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment