脳内交響曲

ARTICLE PAGE

01 2018

最近の作品の話



201806010112.jpg

どーも、ぶち丸です。
相変わらずを描いたり寝たりする日々を送っている感じなんですが、今回も自分が描いたについて語っていこうと思います。
今回は上のについて簡単に。

前々回の記事のと同様に少女のです。
ここに載せるのは初めてのなので、ブログしか読んでいない人は見るのは初めてでしょう。
(PixivやTwitterには少し前に載せていたので、もう見たわ!って人もいるかもしれない)

前回描いた少女の絵に沢山の致命的な欠陥が見つかってきたので、リベンジがてら描いてみました。
前回の少女の絵は顔のデッサン等が狂ってたりして今見返すとちょっと恥ずかしいのですが、今回の絵に関してはそのへんの問題は(あまり)ないと信じたいところです。

ちなみに上の画像はPixivやTwitterで先に投稿した画像とは別バージョンです。
見比べないと分からないと思いますが、色んな箇所が変わっています。
ツノをはやしたり、衣装に手を加えたり、ほっぺをより赤くしたり、頭回転したり、他にも細かいとこ微調整したり。

PixivとTwitterに投稿した後に色々ミスが見つかったので直しました。
まあ、あくまで他の人から見ればどうでもいい細かいところなんですけどね。
とりあえず他のところにある画像ではなく、ここにあるこの画像こそが完成形だと思っていただけるとありがたいです。
(PixivやTwitterで公開している画像もこの完成形の画像にしたいけど、これらのサイトはブログと違って投稿した画像の差し替えが出来ないのでもどかしい・・・)



とりあえず絵を描いた感想を語ってみると、相変わらず完璧主義の性格がたたって
「できた!」→「いや、まだ出来てない・・・」→「できた!」→「いや、まだ出来てない・・・」→・・・
の無限ループの輪から逃れられないのが中々つらいところですね。

描き方を変えればそんなに制作に手間はかからないのでしょう。
たとえば人間の絵はデッサンが狂わないようかなり神経を使うので、人間以外のものを描くとか。
あるいは写実的な絵柄にするのをやめて、もっと抽象的な絵にするとか。
そういったことをすれば今よりも作品が量産できるので、自分としてもそっちの方がいいのかもしれません。

ただ無駄に大変な方向へ進もうとする変な癖があるので、今後も絵を描く調子は変わらないでしょうね・・・。
性格って変えようと思っても中々変えられないものだし、やっぱりこればっかりは自分の力ではどうしようもないのでしょう。
(正直、自分の性格については少しずつ変えていきたいところだけど)



ちなみにこの絵を描いてるときは「リアルな絵柄で今風の目の大きい子を描こう!」みたいなことを考えていました。
「只現実的な少女を描くだけではつまらない・・・でもありきたりなアニメ絵は描きたくない・・・じゃあ両者の良いとこどりをした絵を描こう!」みたいな感じで。
安直ですね。

ただ、「リアル」と「デフォルメ」という相容れない二つの要素の両方を一つの作品にぶちこむのは難しかったです。
たとえば写実的にしすぎるとなんかあんまり可愛くなくなっていくし、
かといって影とかを消してモチーフを平面的にしてみるとなんだか下手な絵にしか見えないし。

この作品を作っていた時は「リアルな絵柄に寄せつつ人物の可愛さをいかに保つか?」という課題の下で悪戦苦闘してました。
どうすればいいのか分からなかったので、とにかく描いている途中に手探りで答えを見つけ出していった感じですね。
あとは、ほんのちょっとの違いで人間の顔は印象が変わるから、そのへんの微調整に多少時間を費やしたりもしました。

で、結局のところ、最終的に出来上がったこの絵は相容れない二つの要素をうまくぶちこむことに成功したと言えるものなんだろうか?
どうなんだろう。

・・・正直なところこの絵の出来がいいのか悪いのか私にはよく分から無い感じですね。
個人的にはソコソコ上手くいったような気もするし、一方であんまり上手くいっていないような気もします。
やはりリアルな絵って情報量が多いから、印象を一つの言葉で表現するのが難しいです。
ある時にはまあまあいい感じに見えるのに、別の時には全然ダメに見える、みたいな感じで印象がコロコロ変わります。



ただ一つ言えることは全体のバランスがおかしい感じがするということですね。
具体的にどこが悪いのかは分からないけど、個人的にこの絵は何かがおかしい感じがします。
(何処が悪いか指摘してくれる人が現れたら個人的に凄く有難いのですが・・・。)

基本的に完成した絵は
「完成させる」→「しばらく絵を寝かせておく」→「絵を引っ張り出してきて変に感じたとこを直す」→「また暫く寝かせる」→「絵を引っ張り出してきて変に感じたとこを直す」→・・・
みたいな感じで徐々に修正していくことが多いのですが、今回の作品は「もう直すところが無いのに変な感じがする」ということで大分もどかしい感じですね。
何がダメなんだろう?全部が根本的にダメということなんだろうか?

よくよく振り返ってみると完全に思い付きで描こうとしたのがまずかったのかもしれません。
ふつうリアルな絵を描くとき、大抵の人は何か見ないと上手く描けないと思うのですが、私は服も顔も何もかも完全に思い付きで描いたので、そこに多分無理があったのでしょう。
服は黒で誤魔化して何着てるのかよく分からないし、表情はどういう表情なのかイマイチ釈然としないし。

まあ絵が下手な人間が調子に乗ったことをするとこういう結果に終わるといういい例なのかもしれません。
他の人は私みたいないい加減な描き方はしない方がいいでしょう。
(上から目線な言い方で恐縮ですけれども)



とりあえずこの絵を描いていて思ったところはそんな感じです。

いやー、改めて思うんですが、やはり絵を描くのは難しいですね。
描いても描いても全然納得出来るものが出来ないので、ものすごくもどかしいです。

いつか自分が納得できるものは出来るんでしょうか?
まあ、それは分からないんですけど、でも、分からないからこそ続けるしかないですね。
とりあえず現時点では実力不足なのは明白なので、完璧なものを作ろうとするんじゃなくて、「一つでもいいところがある絵ならばそれでヨシ」の精神で気軽にやってこうと思います。

今のところはそんな感じです。ではまた。

関連記事

2 Comments

クロ  

こんにちは!初めてコメントします。

前回といい今回の絵といい私はすごく好きです。
被り物がダークというか幻想的というか・・・紅い唇から覗くかけてる歯がまたなんともいえない魅力を放ってるいうか・・・
一番好きなのは目で。不思議な色合いで視線が誘導されてしまいます。

いつも思っているのですが、質感?というか紙?っぽい感じテクスチャとダークなほの暗い要素が絶妙にマッチしてて好みドンピシャで、最初見たときほんとにデジタル?!?って疑わざるを得ませんでした。
ミステリアスなモチーフの絵がもすごく何度も眺めていましたが、最近の少女の絵たちもめちゃくちゃ楽しませてもらっています!


・・・ちょっとでも応援になっていれば嬉しいです。(語彙と気持ちが比例しない・・・)


P.S. いつも私のサイトにも訪問してくださってありがとうございます!

2018/06/01 (Fri) 13:13 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

クロさんへ

コメントありがとうございます。全然更新していないブログなのに、記事を投稿してからすぐにコメントがついていたのでびっくりしました。(笑)

> 前回といい今回の絵といい私はすごく好きです。
> 被り物がダークというか幻想的というか・・・紅い唇から覗くかけてる歯がまたなんともいえない魅力を放ってるいうか・・・
> 一番好きなのは目で。不思議な色合いで視線が誘導されてしまいます。

気に入って頂けただけたようで何よりです。
基本的に私は細かいところに拘った絵を描いているので、そういったあたりをちゃんと見てもらえるのはとてもうれしいですね。
(自分の作品に余り満足いってないので恥ずかしくもありますが)

> いつも思っているのですが、質感?というか紙?っぽい感じテクスチャとダークなほの暗い要素が絶妙にマッチしてて好みドンピシャで、最初見たときほんとにデジタル?!?って疑わざるを得ませんでした。
> ミステリアスなモチーフの絵がもすごく何度も眺めていましたが、最近の少女の絵たちもめちゃくちゃ楽しませてもらっています!

テクスチャは毎回使っているお気に入りのやつがあるのですが、そこに気づくとは鋭いですね。
個人的にこのテクスチャは絵にアナログ感が出せるので重宝しています。
ただ、絵にアナログ感をもたせることは最近は重要視されてないような気もするので、作品の魅力を増すのにプラスになっているかはよく分からないですね・・・。
(私自身は気に入ってますが)

> ・・・ちょっとでも応援になっていれば嬉しいです。(語彙と気持ちが比例しない・・・)

あまり自分の腕に自信が無いので、コメントを貰えるととても励みになります。
これからも作品の投稿は(自分が生きている限りは)続けていくので、よかったら見続けてやってください。
今はまだまだの実力ですが、今後はどんどん上手くなっていくつもりなので、そこらへんも期待してもらえると嬉しいです。

> P.S. いつも私のサイトにも訪問してくださってありがとうございます!

クロさんも作品を作っているみたいなので時々訪問させてもらってます。
期待しているのでこれからも頑張ってください。
お互い時間をかけてじっくり腕を磨いていきましょう。

2018/06/01 (Fri) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment