脳内交響曲

ある時は世界一陰鬱な絵画を生み出すことを目指すブログ。またある時は死・人生について考えるブログ。

暗澹たる人生を送るぶち丸の近況報告

2016年10月07日 08:08  ぶち丸について  

20161007.jpg

お久しぶりです、ぶち丸です。
凄い間が開きましたが、たかだか数か月という期間は私にとってほんの一瞬に過ぎないので、何食わぬ顔で更新させていただきます。
まあ、最早このブログをマトモに読んでる人はいないでしょうし、別に更新されないからと言って誰にも支障はないですから、ノープロブレムですね。

さて、こんだけ間が開いたのだから絵を沢山載せることを期待している人もいるかもしれません。
(実際にはいないだろうけど、いると仮定して話を進めます。)

しかし生憎ですが、ここ最近私は殆ど絵を描いておりませんでした。
ついさっき上の絵を数時間かけて仕上げたのが、ここ数か月における唯一の絵画制作です。
もし期待している人がいたら、大変申し訳ない。

では、一体私はこの長い空白期間に何をしていたのか。
まあ知りたい人はいないと思うけど、一応言っておくと、様々な情報を脳にインプットすることに専念しておりました。
すなわち、主に興味のある本を読み漁ったり、たまに音楽を聴き漁ったり、たまにゲームをしたり・・・と言ったことに時間を費やしていたのです。

最も、インプットと言うと何だか聞こえはいいですが、実際はノンベンダラリとしていただけです。
何と私は一切非生産的に、ここ数か月の期間を生きたしまってのです。
ああ、建前上は創作者であるにもかかわらず何ということでしょう・・・。

もしここ数か月の私を誰かが眺めていたとしたら、その人物が私を落伍者と認定するのは必至です。
そのぐらい主観的に見ても客観的に見てもどうしようもない人生を送っていました。
(最もそう言う人生を送っていたというのは、別にここ数か月に限らずずっとそうなのですが)

で、これじゃいかん!ということでふと絵を描くことを思い立ち(思い出し?)、サッと絵を描いてこの度更新に踏み切ったわけです。
ずっと描いてなかったので上手く描けるかなあ・・・と些か心配でしたが、実際描き出してみるとテクニックを失念しているということも無く、間が開いてても、根本的に勘が鈍ってるということはありませんでしたね。
まあ、そのあたりはチョットホッとしました。



で・・・何が言いたいかと言うと、要するに、ここ最近絵を描かずにズルズル来てしまったわけですね。
今思い返すと、別にお金になるわけでもなく、大して称賛されることも無いのに、「ああ~描いておけばよかった~」と結構後悔してます。
やっぱなんだかんだ言って(間が開いていたとはいえ)自分がずっと続けてきたことですし、絵を描くことが嫌になったというわけでは無いのでしょう。
最も好きで描いているかというとそうでもなくて、実際のところは、自分でもよく分からない感情に駆られて描いているという感じなんですけどね。

まあとはいえ、ノンベンダラリと過ごしていたと言っても、必ずしも無為に時間を過ごしていたわけではないのです。
何も完全に人生をあきらめて、主体性を放棄して、いい加減に遊びほうけていたわけではありません。
いくら堕落していたからと言っても、絵を描かずに私が本を読んでいたのには理由がちゃんとあるのです。
基本的に私は無駄だと自分が感じるようなことをして時間を潰したりはしません。
(まあ人生全体がしばしば無駄に感じられますがそれはさておき。)

では、じゃあどういう目的があったかと言うと、それはまあ大体振り返ってみて自己分析してみればはっきりしていて、要するに「不安の回避」です。

当たり前のことですが、生きていると不安なことって一杯ありますよねえ。
将来のこととか、何で生きてるんだろうとか、死んだらどうなるんだろうとか、人間関係がつらいとか。
ハッキリ言って自分の人生の状況は現在中々酷いもので、かなり参っております。
私も普段は平静を装っていますが、実際のところかなり精神的に不安定で、色んなことが怖くて怖くて仕方ないのです。
そこでどうやって解決しようか?ということで、私の場合その解決策を本に求めたわけです。

まあここ数か月はそんな感じで、本を読んでばっかりの生活を送っていましたね。
勿論起きている間ぶっ通しでずっと読んでいたか?というと勿論そんなことは無いんですが。
適度に休みを取ったり(=怠けたり)する時間を挟みつつ、自分で考えることと並行して読書をしていたという感じですね。

私の場合、問題意識がまず最初に会って読書にのめりこんだので、読んで終わり、という風にはもちろん行きません。
読めども読めども次から次へと謎が湧きだし、まるで無限回廊を彷徨っているかのような気分です。
そして私は何もわかっていなかったんだ・・・という感覚に日々打ちのめされています。
正直抜け出したいところですが、考えずにはいられないというのが人生の問題の難しいところです。



さて、ここでじゃあどの本を読んだか?と言うことは語っておくべきなのかもしれませんが、ハッキリ言って面倒くさいし何の得も無いので、この記事でイチイチ取り上げていくのはやめておきます。
とはいえ獲得した知識はここで今後ひけらかしたりはするかもしれません。
今まで何度も「覚え書き」というタイトルで、どうでもいい知識を羅列した記事を書いてきたりしましたが、今度何か本から知識を使う際は、私が抱えている個人的な問題に関するものに限定するつもりです。
まあそれに関しては機会があればと言うことで。

で、あとはそうですね、今後についてですが、やはり今迄通り今後もこのブログは不定期更新になりそうですね。
まだ読み終わってない本が山のようにあったりしますし、基本的に私は予定をたてて行動することが出来ないダメ人間なので、こうしよう!と思っても絶対そう言う風には動かないのです。
(そして、この私の性格は作品にも如実に反映されています)

なのでまあ今後こうしよう!という具体的な目標は決めずに生きていこうと思います。
今は、上でも書きましたが、精神的に不安定なので、小難しいことは考えたくないのです。
いい加減で、もし私に何かしら期待している人がいたらホントにスイマセン。

まあというわけで、私は落伍者として今後も気ままに自分のペースで、絵を描いたり遊んだり好き勝手やっていきます。
流石に何か月も絵を描かないというのは、逆に描かないことによって精神が不安定になるからもうやめにしたいけど、やはり未来に関しては何ともいえないです。
少なくとも死なない限り更新はやめないので、まあ気長に待ってください。
それでは、また。

関連記事
トラックバックURL

http://buchibuchibuchi.blog17.fc2.com/tb.php/421-e9b13707

前の記事次の記事