脳内交響曲

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30 2016

死の恐怖を克服する方法:他者の死について思いを巡らす。

2016061702.jpg

「自分の」の恐怖を克服するには「他者の」を引き合いに出すという方法をとるのもアリなのかもしれない。

日常を振り返ってみれば明らかだが、我々は孤独に何かをするのを拒む習性がある。
仮に一見ろくでもない慣習であったとしても、自分以外の人間が全員それを実践していたら、どうしてもそれを自分も実践したくなるだろう。
自分だけが間違ったことをしたくない、正しいことをしたい。
こういう感情は我々にとって先天的なものだ。

そして、の恐怖を払しょくするに際してもこの習性を活用してやればよいのではないだろうか?

の恐怖の一要因には「この世界に存在出来なくなるから」というものがある。
「自分はもう間もなくんでしまうのに周りの他の人たちは生き続ける。ああ、なんて羨ましいんだろう!」と、これまでんで来た人々の多くは思ったことだろう。

自分一人がこの世から消え去ると考えると、死はとても恐ろしく感じられる。
だが死ぬのはなにも自分だけではないのだ。
これまで生きてきた人は全員死んでしまったし、今生きている人もいずれ死ぬし、これから生まれてくる人もいずれ皆死ぬのだ。
みんな一緒に崖から飛び降りるのならば、怖くないというのはあながち間違いではない。

もちろん、だからといって死ぬことの悪さが完全に払しょくされるわけではない。
だが少なくとも「自分だけ死ななければいけない」という不幸に関しては、これは誤謬であると認識することで、一定の安心が得られるのではないだろうか。

関連記事

幸福

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。