脳内交響曲

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12 2016

死とは何か、人は死ぬとどうなるのか

2016052808.jpg

普段は忘却しているものの、は誰にとっても切実な問題であり、第一級の関心ごとであるかと思います。
では、人はぬとどうなってしまうのでしょうか。
は我々にとって恐ろしいことなのでしょうか。

こういった問いに答える前にまず、我々にはしておかねばならないことがあります。
それは、がどういう事態であるのかについて定義をすることです。

は経験不可能であるがゆえに(或いは、まだ誰もんでいないために)、人によってさまざまに解釈が分かれます。
そのため、仮に上記のような問いに答える場合、我々は問いに答える前に、まず死の意味を明確に定義しておかなければ、議論になりません。
よって、本記事では「死がどういった事態であるのか」について、私なりに答えを出してみようと思います。



さて、「死はどういった事態であるのか」という問いに対して、考えられる回答をまずは提示しておきましょう。
この問いに対する回答は、大きく二種類に分けることが出来ます。
一つは(A)「人は死によって主観的な体験を失わない」とするもの、そしてもう一つは(B)「人は死によって一切の主観的な体験を不可逆的に失う」とするものの二つです。
おそらく、すべての死の解釈は、必ず(A)か(B)のうちのどちらかに含まれるでしょう。

これら両者のうち、どちらが正しいと考えるかは、個人の死生観によるところが大きいです。
例えば、死後の復活を信じる人や輪廻転生を信じる人、或いは霊魂の存在を信じる人などは、(A)を正しいと見做すでしょう。
或いは、(A)と(B)のいずれも支持せず、どっちつかずの立場を貫く人もいるかもしれません。

死後の世界があるとする解釈のそれぞれを細かく検討すると、記事の長さが長大になるため、この点について私は本記事で語ることはしません。
(興味がある人は、この点について論じられている他サイトをご覧ください。)
ただ、私は死の価値を見定める上で、(B)を正しいものとするのが妥当だと思います。

この私の判断を動機づけているのは、我々の認識が決して恒常的なものではないという事実です。
仮に我々が過去の全期間において主観的経験を保持し続けてきたのであれば、今後も同様の状態が続くと考えても、左程おかしくはないでしょう。
しかし、実際には我々の記憶はある一定の期間以上、すなわち生まれる前までは決して遡ることが出来ませんし、また我々は深い眠りについているときは一切何も経験することが出来ません。
この事実は、必ずしも死後に何もないことを証明するわけではありませんが、(B)の見解に有利に働くと思います。
少なくとも、我々が死後の世界を信じないことに一定の合理性は与えるでしょう。

もちろん、死後には何もないということを私が完全に証明することはできないのですが、上記の事実があることによって、死後の世界を信じる者と信じない者は決して対等ではないのです。
死後の世界の存在を主張する者は、それを否定する者とは違って具体的に証拠を提示しなければなりません。
そして、その証拠は何もないのだから、さしあたり(A)の解釈ではなく、(B)の解釈を正しいと見做すのが妥当でしょう。



また、死を定義する上でもう一つ前提としてつけ加えておきたいことは、「死者自身は死体とは同一ではない」ということです。
人が死ぬとその後には通常(死体が木っ端微塵にならない限り)死体が残り、それは往々にして生きている人物から配慮の対象とされます。
ですが、実際のところ、それは単なる人間以外の物体に過ぎず、死者自身ではありません。
死体は死者自身と外見は似通っていますが、死体は何ら普通の人のように価値観を有していませんし、また仮にある人の死体を傷つけたとしても、それは単に物体を破損させることにすぎず、死体はなんら利害が帰属する対象とはなりません。
そのため、我々は死体を死者自身と見做すべきではないでしょう。

以上を踏まえると、死の定義は次のようになります。
即ち、死とは「主観的には体験を不可逆に失うこと、そして客観的にはこの世界から存在しなくなること」です。
死について論じるうえで、このような定義を採用することが妥当だと私は考えます。

死は多くの場合、死後の世界が存在するという立場と死後の世界は存在しないという立場の対立という図式で論じられてきました。
しかし死を消滅ととらえ、そのうえでそれが悪であるかどうかを議論するほうが、少なくとも正しい知識をとらえるうえでは妥当な選択ではないでしょうか。



(補足)死は経験出来ないのだから、それについて何も語ることはできないのではないか、と考える人がいるかもしれません。
しかし、経験できるかどうかは、事態について語るうえで必ずしも必要ではないでしょう。
なぜなら、経験があるときに経験がないことについて語ることは、普通の人であれば誰だって可能だからです。
我々は一切経験のない睡眠や、誕生前の非存在について語ることができます。
この点を踏まえれば、死後の非存在が経験できないからと言って、それについて語ることはできない、と結論付けるのは明らかに誤りです。
関連記事

死後の世界

- 4 Comments

皓己  

宇宙に衛星やロケット飛ばして概観を目視してしまったからまんまるなのは確定的で、
むかーしの象とかの上に地球が平面的に存在すると唱えていた時ほど面白みがないなと、
別のテーマ考えることにしようと放置していましたが、改めて説を見るとやっぱり面白いですね。

この箇条書きにないから私の考えは拙い発想と思いますがちょこちょこっとおしゃべり。
始まりは宇宙のチリが集まったにしてもその時点で丸くなかったかも知れない。
水の惑星と言われることから、無重力において水がふわふわと球体にまとまることをイメージ。
円柱や円錐の可能性はないなと考えていました。(天文学なんて憧れはあるけど全くの無知ですので妄想です)

あとは安定した速度でくるくる回る時、さざれ石のように表面が気体などの抵抗で摩擦されもしてるとか。ああでも回転をやめたら海の水は落下するんでしたっけ?したならっていう妄想が楽しい。

ちょっと欲しがりな話、間違いを指摘してくれる天文学の知識のある方がコメントくださると嬉しいですね。ちょっと期待しちゃう(人様のブログでこっそりと)

2016/05/14 (Sat) 04:39 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

皓己さんへ

> 宇宙に衛星やロケット飛ばして概観を目視してしまったからまんまるなのは確定的で、
> むかーしの象とかの上に地球が平面的に存在すると唱えていた時ほど面白みがないなと、
> 別のテーマ考えることにしようと放置していましたが、改めて説を見るとやっぱり面白いですね。

確かに一見地球は衛星写真なんかでまんまるに見えるんですが実際のところ、そうでもないようです。
次の記事で書いたのですが、地球は凹凸のある楕円形とでも言うのが最も的確な表現かと。

> この箇条書きにないから私の考えは拙い発想と思いますがちょこちょこっとおしゃべり。
> 始まりは宇宙のチリが集まったにしてもその時点で丸くなかったかも知れない。
> 水の惑星と言われることから、無重力において水がふわふわと球体にまとまることをイメージ。
> 円柱や円錐の可能性はないなと考えていました。(天文学なんて憧れはあるけど全くの無知ですので妄想です)
>
> あとは安定した速度でくるくる回る時、さざれ石のように表面が気体などの抵抗で摩擦されもしてるとか。ああでも回転をやめたら海の水は落下するんでしたっけ?したならっていう妄想が楽しい。
>
> ちょっと欲しがりな話、間違いを指摘してくれる天文学の知識のある方がコメントくださると嬉しいですね。ちょっと期待しちゃう(人様のブログでこっそりと)

皓己さんの宇宙論は中々独創的ですね・・・。
重力がないのに地球が球形になったりとか、海の水が落下したりとか、私からするとなかなかぶっ飛んでる内容です。
まあ実際そうなったら面白いなーというのはあるんですけどね(笑)

2016/05/14 (Sat) 16:03 | EDIT | REPLY |   

皓己  

次の記事の楕円である証明は拝読しました。1°の距離あたりが面白かったです。
図でさらに解説〜が、この鋭角が1°?!と逆に混乱しましたが、地球規模の1°なるほど大きい。

どこかで見ました、水面を省いた地球表面はいびつという画像。へちゃむくれでちょっとショックでしたが、確かに海を除けばそうだろうなとも思っていました。でもどちらにしろどうしてまあほぼまんまるであるのかとか、そのいびつさはどうしていびつと確認できるのか、意外と謎ばかりなんですねえ。


私の発想がぶっとんでいるのは、多分幼少の時に子供向け購読雑誌を買い与えられていたからではないかなあ。
得た知識で納得できたものが私の中の確信で、おそらく妄想と混同しています。

そう、なんで無重力だと水分はまんまるにまとまるんでしょう。宇宙船でまんまる水分をぱくっと食べてるのが凄く印象的で覚えているだけ。地につかなければどんな形にもなりえただろうになぜまんまるなの…。ミルククラウンとかも可愛い。
地球の中側にチリでできた土壌があるから、丸くない所に水分が張り付いているのではの思うのです。へんてこな発想ですかねえ…恥ずかしい。

海の水はですね、水を張ったバケツを振り回すと落下しないのと混同していますねこりゃ。遠心力。
あ、思い出しました、地球が回転することによって磁力?重力が発生してるんでなかったです?その点から、海の水や人など地に固定されていない物質は大気圏のキワまで落下すると想像しているのです。
大気圏がなんなのかよく理解してませんが、空気も水分と例えてそのあたりまでが柔らかいカプセルのようにぽよんぽよんと変形し色んなものが集まってくるイメージ!

無知ゆえの仮説を立てるのが好きなのです、それが当たりでもハズレでも私の意見だからオリジナルで漫画にもできちゃうぞ!って。
笑うなら貴方の意見でも正解でも聞かせてくださいよ、という、お話のしたさです。一緒に妄想してくれることほぼなくて寂しい。調べれば?と話を終えられますが正解は必要が迫った時やその場ですぐ分かるなら欲しい感覚なのです。何事も一緒に妄想を語るのが楽しいのでしょうな。

2016/05/14 (Sat) 18:02 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

皓己さんへ

> 次の記事の楕円である証明は拝読しました。1°の距離あたりが面白かったです。
> 図でさらに解説〜が、この鋭角が1°?!と逆に混乱しましたが、地球規模の1°なるほど大きい。

あの図の中の1°というのはあくまで誇張で、現実より大きく表示してあります。
見やすくするための配慮だったのですが、分かり辛くて申し訳ない。

> どこかで見ました、水面を省いた地球表面はいびつという画像。へちゃむくれでちょっとショックでしたが、確かに海を除けばそうだろうなとも思っていました。でもどちらにしろどうしてまあほぼまんまるであるのかとか、そのいびつさはどうしていびつと確認できるのか、意外と謎ばかりなんですねえ。

海を抜きにすれば勿論地球は凸凹で球体には見えなくなるわけですが、個人的には海があっても凸凹と言う点に驚きましたね・・・。

> 私の発想がぶっとんでいるのは、多分幼少の時に子供向け購読雑誌を買い与えられていたからではないかなあ。
> 得た知識で納得できたものが私の中の確信で、おそらく妄想と混同しています。
>
> そう、なんで無重力だと水分はまんまるにまとまるんでしょう。宇宙船でまんまる水分をぱくっと食べてるのが凄く印象的で覚えているだけ。地につかなければどんな形にもなりえただろうになぜまんまるなの…。ミルククラウンとかも可愛い。
> 地球の中側にチリでできた土壌があるから、丸くない所に水分が張り付いているのではの思うのです。へんてこな発想ですかねえ…恥ずかしい。

その雑誌の名前が知りたいです(笑)

まん丸にまとまることには、ただそうなるからそうなってるとしか言えないでしょうね。
所謂ナマの事実というやつでしょうか。

地球の中側にチリでできた土壌があるから、丸くない所に水分が張り付いているというのはよく分からないので補足をお願いしたいです。理解力が無くて申し訳ない・・・。

> 海の水はですね、水を張ったバケツを振り回すと落下しないのと混同していますねこりゃ。遠心力。
> あ、思い出しました、地球が回転することによって磁力?重力が発生してるんでなかったです?その点から、海の水や人など地に固定されていない物質は大気圏のキワまで落下すると想像しているのです。
> 大気圏がなんなのかよく理解してませんが、空気も水分と例えてそのあたりまでが柔らかいカプセルのようにぽよんぽよんと変形し色んなものが集まってくるイメージ!

重力や遠心力についてはまだ恥ずかしながら不勉強と言うか、知識が足りていないのでしばしお待ちを。
皓己さんの想像力がぶっ飛び過ぎていて、イメージがわかない(爆)

> 無知ゆえの仮説を立てるのが好きなのです、それが当たりでもハズレでも私の意見だからオリジナルで漫画にもできちゃうぞ!って。
> 笑うなら貴方の意見でも正解でも聞かせてくださいよ、という、お話のしたさです。一緒に妄想してくれることほぼなくて寂しい。調べれば?と話を終えられますが正解は必要が迫った時やその場ですぐ分かるなら欲しい感覚なのです。何事も一緒に妄想を語るのが楽しいのでしょうな。

まあ現実って「理解」ができてしまうと途端に詰まらくなるんですよね。
神秘性が損なわれるというか、ロマンがなくるというか。
自分の無知を自覚し、そこから想像力につなげていこう!という皓己さんの妄想力を見習って、私も妄想力に磨きをかけていかなければならないな、と思う今日この頃です。

あとミルククラウンという言葉をこのコメントを読み初めて知ったので、そのことについても知ることが出来てよかったです(笑)

2016/06/16 (Thu) 15:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。