脳内交響曲

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 2015

ゴシックメタル/ドゥームメタルの名曲集 (-随時更新)

ネット上にある気に入った曲の動画をまとめた記事です。
今回はゴシックメタル/ドゥームメタル編。

Tiamat - The Return of the Son of Nothing(2002、Album:Judas Christ)


Tiamat - Vote For Love(2002、Album:Judas Christ)


Orphaned Land - Norra El Norra (Entering the Ark)(2004、Album:Mabool - The Story of the Three Sons of Seven)


Katatonia - I am Nothing(1999、Album:Tonight's Decision)


Katatonia - Saw You Drown(1998、Album:Discouraged Ones)


Katatonia - Fractured(1999、Album:Tonight's Decision)


Katatonia - Dispossetion (2001、Album:Last Fair Deal Gone Down)


Katatonia - Help Me Disappear(2001、Album:Last Fair Deal Gone Down)


Katatonia - Idle Blood(2009、Album:Night Is the New Day)


Daylight Dies - A Life Less Lived(2006、Album:Dismantling Devotion)


Yearning - Statues Amidst A Frozen Sand Of Time(2003、Album:Evershade)


Saturnus - Pilgrimage of Sorrow(1996、Album:Paradise Belongs to You)


Saturnus - Starres(1998、Album:For the Loveless Lonely Nights)


Saturnus - Empty Handed(2000、Album:Martyre)


Novembers Doom - Awaken(2000、Album:The Knowing)


Sentenced - Home in Despair(2000、Album:Crimson)


Sentenced - Bleed in my Arms(2000、Album:Crimson)


Sentenced - The Rain Comes Falling Down(1998、Album:Frozen)


Sentenced - Mourn(1998、Album:Frozen)


Sentenced - Blood and Tears(2002、Album:The Cold White Light)


Sentenced - Ever-Frost(2005、Album:The Funeral Album)


Novembre - The Dream of the Old Boats(2002、Album:Dreams d'Azur)


Novembre - Stripped (Depeche Mode Cover)(1996、Album:Arte Novecento)


Novembre - Aquamarine(2005、Album:Materia)


Novembre - Verne(2005、Album:Materia)


Novembre - Croma(2005、Album:Materia)


Novembre - Come Pierrot(2001、Album:Novembrine Waltz)


Novembre - Triesteitaliana(2007、Album:The Blue)


Novembre - Anaemia(2007、Album:The Blue)


Novembre - Architheme(2007、Album:The Blue)


Novembre -Sound Odyssey(2007、Album:The Blue)


Catacomb - In The Shade Of The Cypresses(1993、Album:The Return Of The Ark)


Klimt 1918 - Swallow's Supremacy(2001、Album:Secession Makes Post-Modern Music)


Another Day - Fireworks Outside (Black Butterflies over the Petals of the Sun)(1997、Album:Fireworks Outside (Black Butterflies over the Petals of the Sun))


Another Day - All'apparir del Vero(1996、Album:Youth (The Castle of Illusions))


Another Day - Vaco Maerore Terrestre(1996、Album:Youth (The Castle of Illusions))


Trees of Eternity - My Requiem(2013、Album:Black Ocean)


Empyrium - Unite(2015、Album:The Mill)


Agalloch - Odal(2002、Album:The Mantle)


Agalloch - Not Unlike The Waves(2006、Album:Ashes Against the Grain)


Anathema - Angelica(1996、Album:Eternity)


Funeral - This Barren Skin(2006、Album:From These Wounds)


My Dying Bride - The Whore, the Cook and the Mother(1998、Album:34.788%...Complete)


My Dying bride - For You(1996、Album:Like Gods of the Sun)


My Dying Bride - A Kiss to Remember(1996、Album:Like Gods of the Sun)


My Dying Bride - The Cry of Mankind(1995、Album:The Angel and the Dark River)


Worship - Whispering Gloom (1999、Album:Last Tape Before Doomsday)


Worship - Song of Death(2007、Album:Worship / Wither)


Worsgip - Mirror of Sorrow (Solitude Aeturnus cover)(2007、Album:Dooom)


Worship - All I Ever Knew Lie Dead(2007、Album:Dooom)


Worship - Baumvater(2008、Album:Elemental Doom Trilogy I - Wood)


Thorr's Hammer - Norge(1996、Album:Dommedagsnatt)


Disembowelment - Cerulean Transience of All My Imagined Shores(1993、Album:Transcendence into the Peripheral)


Thergothon - The Unknown Kadath In The Cold Waste(1994、Album:Stream from the Heavens)


Thergothon - Elemental(1994、Album:Stream from the Heavens)


関連記事

ゴシックメタル ドゥームメタル

- 6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/10 (Fri) 06:59 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

皓己さんへ

> おおう、ご紹介のゴシックメタル、フォーク・アコースティック、ブラックメタル大興奮です!(テンションを上げるつもりでない楽曲であろうとも)
> ぶち丸さんとは趣味が合いそう!みたいに熱烈そうで引いて貰いたくないですけども(苦笑)

人と趣味があってしまうと途端に趣味を変えたくなるヒネクレ者ですので、わたしに趣味を合わせようとしてはいけません(笑)
まあ私がここに載せた楽曲はテンションを上げる為のものというより、どちらかというとより深く沈むためのものという感じですが、とはいえ気に入っていただけたならこれ幸い。

> 昔から口ずさむと音痴だと親に罵倒され続け一切の自信がなく。
> 演歌でも洋楽でも無関心ではないので
> 人によっては「私の趣味なんて…」とご謙遜されて教えて頂けないですし、嬉しく有難いなあ。

私も音痴なので他人ごとでは無いのですが、やはりそういう場合は他で補っていくしかないですね。
たとえば楽器を弾けるようになってみるとか。
まあ私はギターもピアノも三日坊主で長続きしなかったので、他人に勧められるような立場ではないのですが(爆)

趣味を人に伝えるのは勇気がいるというか、他人に嫌われる覚悟が必要なので精神的な負担も大きいですが、皓己さんに嬉しく有難がってもらえると載せてよかったなあと思えます。
もっとも他人の作品をじぶんの手柄みたいにしてはいけないので、いずれ音楽を自分で作りたいなーという気持ちはあるのですけれどね。

> メタルが凄く好きな絵描き仲間におすすめしてもらったジャンルの中で、ヴァイキングメタルというものがあったのですが、私はあれが好きなようです。(聞いてねえよってね)
>
> 全部知人から聞いて良いなと思ったもので申し訳ないですけど、ケルト民謡もファンタスジックで素敵。
> シェフという映画でキューバ音楽が登場したのですが映画の内容と現地のダンスを見てウキウキ素敵。(絵をかきたい気持ちにはなりませんが)

ヴァイキングメタルは私は昔凄いはまってましたよ。
EquilibriumとかFinntrollとかKorpiklaaniとかEnsiferumとかよく聴いてました。
なんか土着的で芋臭い感じがいいんですよねえ。

ただ最近は趣向が変わってきて素朴さを求めているというか、同じ民俗風メタルの中でもAgallochとかEmpyriumとかUlverとかが好きな感じですね。このブログの中にも何曲か張りましたが。

まあなんだかんだいって民謡とかファンタジーって浮世離れしていてつまらない現実から解放してくれるから、魅力が色あせないんですよねー。
今Youtubeでケルト民謡聴いてみてるんですが実になごみますね(笑)壮大さとかドラマ性が渾然一体となって私の涙腺を刺激します・・・。

キューバ音楽はどういうものか馴染みがないので想像がつかないのですが、しばらくしたら聴いてみますね。

> で、もしかしてぶち丸さん暗い雰囲気がお好きだからどうかなと思ったのが、エニグマっていう人の楽曲?
> 友人の母親が病床の時聞かせたら「何だか持っていかれそうな曲」て不評だったようでw(早くに亡くなられたから色々思うものがありそうとも)
> ご紹介のゴシックメタルよりしんみりする印象でした。
>
>
> 暗いにも色々あるんだなあ。激しい暗さって面白い。

Enigmaという方の楽曲というのはこれですかね→https://www.youtube.com/watch?v=xINhjmHGle0
前衛的で宗教的な雰囲気が異次元にいる様な感覚をもたらしますね・・・。
友人の母君が持って行かれそうというのも納得できる感じです(笑)

2016/06/16 (Thu) 16:35 | EDIT | REPLY |   

皓己  

そうですかwまあ人と趣味が合うって気持ち悪いですもんね、良い意味でいっても嬉しい恥ずかしい、悪く言っても人と同じのなんだかつまらない、というか。
ほら~~聞く時のテンションがまず違うから、僕もこれら好きです~と言ったところで、趣味が合ってるようで何も合ってなくて面白いじゃないですか~。
いやあ、ついこう…私たちズッ友だよね☆みたいなキモイことを口走ってしまうので引くのも分かります、そういう界隈に慣れてきたというか、言わなければならなかった状況に今更慣れてしまったというか。恥ずかしい。

テンションを上げるにも僕種類あるんですが、「うえーいw」みたいにノリノリになるならラフなアフォそうなナンパそうなのが好きで、
何でか分からないけど、このようなメタルは気合が入って集中力が増すという意味で高揚するんですよねえ。

あ~楽器…。ピアノもギターも興味あるんですけど、音関係で自信がなくなってしまって見るだけでビビってしまいますね。楽器に触れるだけでも。
授業でギターをやった時楽しかったなあ、家にオルガンがあったので遊んでましたが指の短い事、あと習い事もしてないしで両手で引くという基本もしらず。

結局音痴といわれたら音痴だという事だけが確かなわけで、音痴で無くすことを努力したわけで、少しはマシといわれるようになりましたよ。ほんの少しね…。音痴でも良いということを理解したに近いだけで、全然直ってはいないんですけど。


なるほど。同じくメタルが好きな知人が僕にポツポツと話すのもそんなような事を言ってました。車で流せば家族に引かれ~~とか。
「誰々さんは何がお好きなんですか?」とだけでは、確かに話しづらく、
しかし「なんすか~~まさかメタル系っすか~?w」って言われたら更に話し出しづらく、話してもいい対象を見極めるの難しいですよね。

私はもしかして嫌われたくて話しているかもしれません。「ひくわーw」って言われたいのかもしれません。かといって引かれる為に引かれるような物を選んでいる自覚はなく、皮肉でもバカにしてでもなんでも、笑ってもらうのが嬉しい性格のようで…。
かといってこいつマジでバカだな、と思われるタイミングなども理解しているので、大道芸人みたいな事はしないわけですけど。でも気持ちは近いかもしれません。得意なもので人を笑顔にできるなら、嘲り笑いも「も~大人だから心から笑えないんでしょ~ほら!これならどうだ!」みたいな気持ち。


ホントですねぇ、出来る事ならこういう曲が好き!を自分で作って伝えられたら一番良いのですが。しかし大凡の人が何の疑問もなく人に「○○が好きなんだ~」と伝えることは、単純に共通項の探りと話題づくりって感じがします。
しかしホント、アーティスト名を伝えるだけでは楽曲が多すぎてその人のイメージと僕の好むイメージと異なったり、歌詞が好きなだけ、曲調が好きなだけ、とか色々あって、そんなことアーティストを批判するような形になってしまって言いたくなくなってしまいますしね。簡単に話せる人が羨ましいというか。


お~~、昔ハマっておりましたか!
芋臭いw全く持って、その知人も僕もそういった感じでwまあ僕の場合男性の声だとああいった威勢のいい、たぎるような熱量を感じる声量が好みで。
何も分からないもので試しにブログで紹介されていたものやこちらの名詞をレンタル屋で探してみましたが何一つありませんでした…!!orz
ネットレンタルというものをしてみようかなぁ…。動画を見ると通信規制がかかるもので。

あ~民謡的な…凄い現実から解放されたがってますねw音楽にそれを求めるっていうのも楽しいなぁと聞いてて思いました。私はつい邦楽ばかりなので歌詞になぞらえてストーリーを漫画の映像化するって楽しみ方ばかりで。
ケルト民謡お聞きになられましたか!あれ凄く良いですよね、レンタル視聴しにいったんですが、あればかりがドストライクでイマイチ他のはピンときませんで。

ファンタジーと言えば幼少の頃ずっと父のドラクエのゲームプレイをBGMに勉強もお絵かきもしていたので、クラシックにそれが見受けられて少し興味があります。なんだかクラシックを好きというのも色んな意味でバカにされるそうで容易に言えないを理解し、確かに好きなものって伝えづらいものですね…。
絵ならこれもこれもこれも好き!ってすぐ言えるんですが、音楽はこういうところが好き!と補足が大変というのかなぁ。

キューバ音楽はきっとぶち丸さんの趣味じゃないでしょうねwなんだか…現実を陽気に楽しんでるっていうか。現実が楽しいから生まれたような曲って感じなノリノリさを感じます。普段から聞きたくないです←
現実逃避にも色々あって、仕事が多忙な人が南国バカンスを夢見るみたいなのって私とても興味ないですねえ。そういう方向の楽曲ですねこれ。

ぶち丸さんの感想の表現、おっしゃりたい事がすぐイメージできるというか、何に対して正解と言うのか変な話ですが、的確に伝わってきて面白いです(笑)本当、そんな風に不思議な感じです、エニグマ。

2016/08/17 (Wed) 17:51 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

皓己さんへ

楽器は実は私は結構興味あったりするので、時間があったら極めたいな~と思ったりもするんですけど、やはり時間が今は無いというのが問題ですね・・・。
実際に練習に没頭すれば上手に弾けるようにはなると思うのですが、如何せん、なかなか手を出すことが出来ないのが現状です。
聴いている音楽を実際に奏でられたら良いだろうな~とはホント思うんですけどね。

私は相手に引かれることを恐れて生きてきて、趣味とかも他人に合わせてたっていう、まあ傍から見たら馬鹿みたいな過去があるんですけど、誰に自分のどんな趣味を知られようと恥ずかしくない、といい切れる人がいたとしたら、それはもう超人みたいなものですね。
皓己さんは計算して相手を引かせているみたいなので、もしかしたら既にそういった存在に近いのかも。
しかもそこに喜びを感じることすらできるのなら、それは最早超人を通り越して変人かもしれません(いい意味で)。

自分の好きなアーティストの魅力を伝えるのは難しいですよね。
どんなに魅力を言葉によって伝えようとしても、結局その魅力(というか個性)を伝える方法は無いですからね。
例えば単純に歌がうまいから好きと言っても、別に歌が上手い人なんかいくらでもいるわけで、結局「その人が」歌がうまいから好き、ということに他ならないわけですよね。
アーティストの魅力を語るには他のアーティストを持ち出して、比較した上で相対的に語るという方法もありますが、結局アーティスト単体で魅力を測ろうとすると、我々にはそれを測る物差しが無いんですよね。
となると突き詰めていくと、どんな魅力(個性)も最終的には)「ただ、それだから(orその人だから)良い」としかいうことが出来ないんですよね。
だからある意味簡単に「○○メッチャ良い~」みたいな感じでアーティストの魅力を語るというのは、安易ではあるんだけれども、まあ分からなくはないとも個人的には思いますね。

私が上で挙げたアーティストはレンタルでは取り扱われていないくらいマイナーなやつなので、ネットの通販を通して買うしかないような気がしますね・・・。(あったらすいません)
まあ買ってから後悔するといけないので、Youtubeとかで視聴できるといいんですけど、出来ないですかー。
そうなると諦めるかレンタルを探すかのどっちかになる感じですかねえ。
ただ「男性の声だとああいった威勢のいい、たぎるような熱量を感じる声量が好み」ということだと、あんまり私の挙げたアーティストと皓己さんは相性が合わないかもしれないので(根暗な感じの音楽なので)、レンタルすると損する可能性が無きにしも非ずですね・・・。

音楽って個人的に究極的な現実逃避のツールだと思うんですよ。
本当に目の前の現実がどうしようもないときに、それを忘れる唯一の手段って音楽しかないんじゃないですかね。
宗教的にも音楽って長い歴史を通じてあらゆる文化で親しまれてきたという面もあって、まあ要するに全ての人間にとって救済と言うか普遍的は癒しをもたらし得るんですよね。
ある意味、これさえあれば死すらも、酷い拷問すらも乗り越えられるかもしれない・・・とか思ったりもしますし。
まあとはいえ、音楽って必ずしもいい面ばかりがあるわけでは無くて、ある意味軽い麻薬みたいなもので、 聴いてると無限に快楽が得られたりもするので、凄い危険なツールでもあるとも個人的には思うんですけどね。

2016/10/07 (Fri) 17:27 | EDIT | REPLY |   

tsukasael696ⅹ埼忍居士ⅹ  

Innzmouth - The Madness from the Sea https://www.youtube.com/watch?v=11Rx0bR6xkY

ぜひ。

2017/03/25 (Sat) 03:26 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

埼忍居士さんへ

コメント&曲紹介ありがとうございます。

このバンドはかなりマイナーなバンドでしょうか。
Metallum見たらシリアって出てきて驚きました。まさかこの国にフューネラルドゥームをやっているバンドがいるとは・・・。
曲の方は中々聴きやすい感じですが、聴いてると滅茶苦茶気分が沈んでくるあたりがいかにもアレな感じですね(笑)

また紹介していただけたら嬉しいです!

2017/04/24 (Mon) 12:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。