脳内交響曲

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16 2015

相互リンクの虚しさ

2015071705.jpg

相互リンクについて。
相互リンクとは2つのWebサイト間で、互いに相手サイトへのリンクを張り合う事です。
「相手と交流したい」とか「繋がりたい」とか、そういった名目で、片方の人がもう片方の人に「相互リンクしませんか?」と声を掛けます。
そして、そのもう片方の人が了解して、相互リンクというモノは成立します。

基本的にこのブログは、相互リンクOKの立場です。
ブログの一番上の記事にも書いてある通り、声かけてくれたら誰でもリンク欄に追加するようにしています。
人間性とか、ブログの方向性とかで選りすぐったりはしません。
今まで何人かの方が声をかけてくれて、彼ら全員のブログと私は相互リンクしています。
なぜなら、断る理由が特に無いのですから。
この根暗でマイナーなブログと相互リンクをしてくれるという奇特な方の誘いを、私は喜んでうけます。



しかし、この相互リンクは必ずしも綺麗な面ばかりあるわけでは無くて、どろどろした面も勿論あります。
というか、後者の方がはるかに多いかもしれません。

相互リンクは、表向きは「繋がりたい」とか「交流したい」とかいった名目で結ぶものです。
お互いにヘコヘコして、そこには健全な空気が漂ってるように一見見えます。
しかし、実際はそうでもないんですよね。
本当はつながりたいという目的だけではなく、より多くの人にブログを見てもらいたい!アクセス数稼ぎしたい!っていう思惑があるんですよね。

一方的に相手のサイトにリンクしたならば、その行為には紛れも無く「相手サイトと相手に対する敬意」があると言えるでしょう。
しかし、見返りを求めたらその時点で、汚さと言うか、傲慢さが漂って来てしまうわけです。
「お前がリンクしてきたら、私の方からもリンクしてやろう!」といった感じで。

だから相互リンクなど結局、私からすれば、見返りありきの安い繋がりにすぎません。
そこに本来的に健全なものは何一つ無く、一切その安い繋がりに期待をするべきではないでしょう。
ただ何もプラスの感情を持つことなく、坦々と相手のサイトへのリンクを張るべき、これが私の相互リンクに対する基本的な考えです。



そして、相互リンクにはもう一つ厄介な点があります。
それは、たちの悪いことに、こちらがリンクをしてしばらくすると、一方的にリンクを切ってくる人がいるということです。
リンク張ってしばらくして、向こうのサイト見たら「こっちへのリンク無くなってる!」といった具合に。

おそらくそういった人は、私に対して嫌悪感を抱いたがゆえに、リンクを取り除いたのでしょう。
ブログの内容や、私の人間性に不満があるなど、思い当たる節は幾らでもあります。
一般的な健全さからかけ離れた私の本質に暫くしてから気付く、おおよそ流れはこういった感じでしょう。

ただ、一方的にリンクを切るってのはあんまりじゃないですかね?
こっちはリンクを張り続けているにもかかわらず、黙って外すとか何様なんでしょう?
そして、この経験って一度や二度ではなく、何回もあるんですよ。
そのたびにリンクだけでなく、身を切られるような感じがします。
何度一方的に切られて辛い思いをしたことか・・・。
当時のことを思い返すと、失恋の記憶(一方的に相手に振られるような)さながらの悲しみを覚えます。

まあ今では、相互リンクは「ただ汚い思惑で成り立っているだけの、何の意味も無いつながり」と分かっているので、リンクを一方的に切られてもそこまで悲しくもないですが。
ただやっぱり、ちょっとは傷つくかな・・・。

関連記事

相互リンク

- 4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/10 (Fri) 07:48 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

皓己さんへ

> 相互リンクはツイッターのフォローフォロワーのように日本人の間では得意ではないですよね。外人さんだともっとフランクに繋がりをオンオフできるノリ?のおかげであまり不快感なく流行っているイメージ(スエーデンのオタク友達と話していても日本の奥ゆかしさと違う印象を受けたことから)

私はツイッターの相互フォローも正直苦手なんですよねえ。ある時フォロワー数だけが減っていたりするとフォロー外した人を探し出してフォロー外し返す手間が必要になってくるので。
外人はそういうことあんまり気にしないのかな。


> うーん、ぶち丸さんに寄って来る相互リンクを求める人は、ブログを見てもらいたい、アクセス数を稼ぎたい、というよりかは、気軽に絵の技量をもった人と繋がれる高揚感ではないかと憶測しますが。
>
> やりかたは人それぞれですもんね。
> それが面白いだけに、結婚してくださいってリンクをお願いしてくる人や、
> お?ブログやってんの?俺も俺も~メアド交換しよ~くらいの人もいることでしょう。

とはいっても、交流したいならばやはり自分からコメントとかしていくしかないと思うんですよねえ。
リンクでつながっただけでやり取りが全くない人もいっぱいいますし。


> どんな人がいてもおかしくないから、まあその中でもこいつの意図はこうではないだろうと憶測し付き合いながら、
> 全員にシレッと、全員に見返りありきで、全員に汚く傲慢で笑顔で会話するのが楽しいかなあ。単純に仏頂面で話をしたって気分はよくないでしょってだけの笑顔~。

イヤ~私はそう言う関係は耐えれないですね~。
見返りが欲しい!と自ら正直に告白する人ならまだいいのですが、綺麗事を並べ立てる八方美人とかとは徹底的に距離を置きたいです(笑)


> なるほど坦々と…。って、ちょっと傷ついてるじゃないですかー(笑)
> 繋がる時は坦々としていても、切られた時傷つくなら坦々とできてない気がするなあ。
>
> わあ、ブログを終了したからリンクが削除されたでなく、リンクを切られてたのを目の当たりにするとは…。た、確かにつらい。私も数度あったような。相手に好意があっただけに暫くへこみました。
> ツイッタもよくあるようですね…(って見てる限りでは貴方の心の壁を解せないからですよって人が割りと多いですけど)

まあいつも気丈にふるまってはいるんですが、やはり私は臆病で小心者なのです。
きられるのが怖いからこそ、他人にあまり期待するべきではない、とか言ったりするんですよね。
ツイッターでも何度も一方的にフォロー外されてます。
向こうは機械的にやっているんでしょうが、こちらとしては非常につらい。


> 一概に嫌悪してないと思いますけど、ぶち丸さんがそう思いたいならそれもそうかもしれません。ぶち丸さんのブログに何を期待して寄ってきたんでしょうね。
>
> いち完璧でない人間にいち完璧でない人間が絡んで何か起こることは自然で、その時の不快感を今後改良するならば、どんな相手が来るとも知れないことから自分が動じないことを洗練させていくべきと思っちゃいますね。私は。

出会った当初に私の人間性を勘違いして勝手に期待を抱いて、それがしばらくして裏切られたと思い込んで一方的にリンク外す人が殆どではないでしょうかね。
私はブログに嫌われそうなことでも平気で書きますし。
まあ一方的に距離を取られたらこちらとしてはどうしようもないので、もうそうなったらそこでその人との関係は必然的に終わりですね。


> なんて、僕は哲学(思慮に耽る?)を生活や人生の充足、精神の安定により役立つことばかりを達成目標に選択的に行うことに特化してしまい。
> ぶち丸さんはフラストレーション?をいかにより感じて作品や感情の増幅に当てるか、なくらいに違うなと思う今日この頃。
> 絶対的にアーティスティックなのはぶち丸さんの思考だろうなと参考にさせて頂いてます。

そう言っていただき光栄です。
ただ私の思考は徹底すると廃人になりかねないので、というか実際に私は廃人になりかけているので、参考にするときはお気を付け下さい・・・。


> 昔人以外も陶酔して書いていた記憶が蘇って楽しいです。人と言う物を知ろう知ろうと人を選択的に追究して、もう人しかほぼかけなくなっててつまらない人間になったものです。
> 誰にも共通する話題や感性としてのエロスでしたので、今後は以前描きたいものにエロスを当てはめていくだろうと楽しみになりました。
>
> …なんだこの「先生のおかげで歩けるようになりました」みたいな患者のセリフw失礼しました。

人間の身体を徹底して直視し続ける、というのは実存主義的で良いのではないでしょうか。
私は非現実主義的と言うか、アッチの世界へ芸術と言う手段でたどり着くにはどうしたらいいか、みたいなことを考えているきらいがあって、ある意味逃避的と言うか、周りから弱虫と言われてしまっても仕方ないと思っています。

2016/06/16 (Thu) 17:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/29 (Wed) 16:29 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

皓己さんへ

こちらのコメントも返信遅れてしまい、申し訳ない・・・。

まず新着コメント欄に関して言うと、テンプレートを以前のに戻して再表示しました。
未だにどのテンプレートがベストなのか分からず、悩んだりするのですが、今はこのテンプレートの気分なんですね。何となく。
また気が変わってテンプレート買えたりするかもしれませんが、その時は申し訳ない・・・。

そしてひすったーは実はすでに存在は知っていて、何度か使ってみました。
いろいろ表示できて中々便利ですが、つかっていてふと悲しみも感じたりしますね。
(片思いって表現とか特に・・・。)

で、そうですねえ・・・人間関係の話がコメントの大部分を占めているわけですが、
ひっくるめて言っちゃうと、人間関係の何が大変かと言うと、結局、中々自分の思い通りにいかないということだと思うんですよね。
あくまで個人的に思うことですけが・・・。

・自分が興味の無いものを無理やり好きにならなければいけない
・嫌いな人も無理やり褒めなければいけない
・相手の機嫌を伺わなければならない
・思っていることがあっても口に出せない
・相手の性格に合わせて違った対応をとらなければならない
・相手の期待に応えなければならない
などなど、どんな人であれ、社会で相手に接するときは絶えず一定の能力(素質)が要求されます。
素直さ、正直さ、さっぱりとした性格、前向きな性格等々。
よくよく考えてみると、私たち人類って滅茶苦茶複雑なことをやって、関係を成り立たせているんですよね。

また或いは、自分が小心者で臆病であるがゆえに、不幸になるケースもあります。
何らかの特殊な性質を持っていて、それが理解されない時、人は差別されたりすることによって心理的なダメージをこうむらなければなりません。

自分からの接し方、相手からの接され方、両方に困難が伴います。
なので以上の理由から、自分はなかなか人付き合いって苦手なんですよねえ・・・。
ネットでなら匿名でもあるため比較的気楽ではあるのですが、それでもやはり傷つくときは傷ついてしまいますね。 
嫌われる言動は私はネットでもする勇気が持てないので、その点について、皓己さんが正直うらやましいです。

あと深い関係ほど切れやすいというのはもっともですね。
昔は私も親友と呼べる人間が何人かおりました。
でも、これらは全部今では跡形も残ってないですからね・・・。
関係が深まると、最初の内はその関係を維持できるのですが、やがて一方が他方に過剰に期待することによって、破綻に至ってしまいます。
なので、最初から深い関係を目指さないことが最良だと今では思うようになりましたね。

結局絵の道だけでなく、人生の道も険しいですが、どっちもコツコツ何とかしていくしかないですね・・・。
(私も絵に関しては、ハッキリ言ってマダマダです)

2016/10/07 (Fri) 12:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。