脳内交響曲

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15 2015

五感以外の知覚能力が欲しい

201501303.jpg

我々は健常者である限り五感をもっており、普段これらを駆使して世界を認識しています。
見ること、聞くこと、嗅ぐこと、触ること、そして味わうこと、これらは人間として生きる上で(なるべく)欠かすことのできない能力です。
現代の生理学で感覚はより沢山に分類されているみたいですが、大まかには五感は我々の世界そのものと言ってよいでしょう。
何故だかわかりませんが我々には五感という能力が与えられ、これを駆使することによって世界が認識できるようになっています。



ではこの人間の感覚能力は、どれくらい実在を正確にとらえることが出来ているのでしょうか?
人間は、ありのままに世界を認識できているのでしょうか?
残念ながら、私はその可能性は殆ど0だと思います。
つまり人間が感覚しているものは実在でもなんでもありません。
目に見えるものや聞こえた音がそのまま有ることは、まずないでしょう。
(もし世界が感じるがままにあるのだとしたら、その考えの根底には人間中心主義があり、都合が良すぎます。)

ただ、実在が知覚できなかったからと言って、特に何か困るというわけではありません。
動物は人間に欠けている感覚能力を持っていることがありますが、人間は別に蛇みたいに赤外線感知したり、イルカや蝙蝠みたいに超音波感知したり、犬みたいに鋭い嗅覚や聴覚があったりしなくても普通に生活することが出来ます。
仮に、人間がより優れた神にも匹敵するような感覚能力をもっていたところで、「だからどうした?それで何になる?」という話です。
真理を知ることが出来たところで、実際何の得にもなりません。
もし五感より上位の感覚能力はあれば、何かしらの形で便利ではあるかもしれませんが、無くても別に人にとって特に困ることがあるわけでもありません。



しかし私は欲張りなので正直のところ、人間の感覚能力に不満があります。
生まれつき持っているものにケチをつけるのは傲慢なのかもしれませんが、何だか物足りないのです。
たしかに五感は世界認識を可能にし、これがあるおかげで我々は必要な経験をすることが出来ます。
しかし見方を変えれば、これは人間の限界を定めてしまっています。
「五感がある」という状態は、結局我々にとって「五感しかない」状態と言うことに等しいのです。
だから、欲深い私は「人間にもっとたくさん色々な感覚能力があればなあ~」としばしば思うのです。

例えば、超音波や赤外線を知覚することが出来れば、その感覚を利用した芸術作品が作れたかもしれません。
超音波芸術とか、赤外線芸術とか、実際あったら意外に面白いんじゃないでしょうか?
視覚や聴覚では味わえないような快楽が、そこにはあったかもしれません。
あるいは、聴覚が犬のように優れていれば、よりいっそう美しい音楽を堪能することが出来たかもしれません。
しかし、こういった可能性は、人間に生まれてしまったことによって完全に閉ざされてしまったのです。
人間と犬とイルカが組み合わさった生物がいたとしたら、私は人間よりもそちらに生まれたかったですね。



また、人間が想像もつかないような感覚能力を持った生物が、この世にはもしかしたらいるかもしれません。
一般的に多くの生物は、感覚能力が人間に比べ劣っていると見做されています。
しかし、人間よりはるかに小さい生物が、人間にない能力、或いは人間より優れた能力を持っていることはザラです。
この事実から類推して、彼らが思いがけない認識能力を持っていることは十分想定できます。
そういった能力がもし人間にもあればそれに越したことはないし、また、(私のような)退屈を感じている人の人生も少しはましになったかもしれません。
少なくとも、暇つぶしの幅はグンと広がったはずです。

なので、私は「もうちょっと後の世代に生まれとけばよかったなあ~」という後悔があります。
未来世代の人間はもしかしたら、進化によって特殊な能力を会得することができるかもしれないのです。
我々がいつか、「ウッソー、昔の人類は○○(何かしらの感覚能力)が無かったなんて信じられない!」とか言われ、子孫に見下される未来がもしかしたら来るかもしれません。
もっとも、未来世代は逆に退化して、今我々が持っているような感覚能力を失っているかもしれないんですけどね。

関連記事

認識 感覚

- 4 Comments

kemo  

emerald★

こんにちは★ブチ殿
色的にエメラルド(emerald)みたいだね
城にも見える
では/

2015/02/21 (Sat) 10:49 | EDIT | REPLY |   

慧喜  

no title

ぶち丸さん☆

一気にぶち丸さんの世界に引きずりこまれました(笑
暗いイメージなのだけど、何かぶち丸さんの絵は
清涼感があると思う・・(^^ゞ
ぶち丸さんは、もしかして月がお好きですか?
私は、月が大好きなので、
つい月の絵に魅かれてしまいます。

2015/02/22 (Sun) 00:35 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: emerald★

エメラルドの城ですか。kemoさんはおしゃれな表現が出来る方ですね。
そのセンスがとてもうらやましいです。

2015/02/24 (Tue) 02:41 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: 慧喜さん

お褒めの言葉ありがとうございます、でもそんなに褒めなくて大丈夫ですよ。

月は好きでも嫌いでもないですね・・・。
昔は月の絵を好んでよく描いていましたが、
最近月に限らずいろんなものに興味が持てなくなってしまいました。

2015/02/24 (Tue) 03:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。