脳内交響曲

ARTICLE PAGE

30 2014

死の恐怖を克服する方法:寿命だから仕方ないと割り切る

Dangofda3.jpg

我々は寿命がおおむねかぎられた存在である。
地域や時代によって差はあるが、少なくともこの国では80年位健康に生きられたら御の字、120年健康に生きられたら万々歳といったところだろうか。

もし果てしない期間の間ずっと生き続けていたら、人はその分様々な災厄(例えば戦争や病気や貧困や退屈などなど)に見舞われる可能性が高くなるだろう。
だから、「80~120年くらい平穏に生きられれば満足して大人しく死ねばいいじゃん」と考える人がいるかもしれない。



ただ、私にはこの考え方に不満がある。
すなわち、仮に平均寿命生きられたからといって、それが幸福に結びついているかというと私にはそうは思えないのだ。

例えば、宇宙には我々よりもずっと長い間知的能力を保ったまま、それこそ何千年も何万年も生きられる人のような存在がいると仮定しよう。
そして、そのような人種が存在するような状況で我々がたった80~120年の生の期間で満足できるかというと、そうでもないのではないだろうか?

少なくとも私に限って言えば満足できなどできるはずもない。
すなわち、人間基準で長生きできたとしても、宇宙人との比較で私は自らの生の相対的な短さを嘆くはずである。

80年よりももっと短い期間しか生きられる人もいるのだから、より長い生ではなく、より短い生の人と比較して十分満足すればいいじゃないか、という人がいるかもしれない。
確かに、例えば20歳で幸福な人物が死んでしまったような場合、その死は悲惨であるように感じられるし、そういう人に比べれば80年もの間生きられれば、その生は幸福だろう。
だが、だからといって80年で生涯を閉じた人の人生が悲惨ではないといえるかというとそうではない。
なぜなら、我々には実感として無限に未来が続いているように感じられるのだから、やはり80年程度だけ生きたとしても、その死は無限のありえたはずの未来の抹消であることには変わりはないからだ。



以上を踏まえると、私には「平均寿命程度生きられればそれでいいじゃん」という安直なアイデアは受け入れがたいように思われる。
もしかしたら、このように考えることによって死の恐怖を克服できる人もいるのかもしれない。
だが、少なくとも人生の長さを重要視している限りは、この方法以外の方法によって死の恐怖を克服するしか道は無いだろう。

関連記事

人間関係

8 Comments

美露空  

no title

こころの深みに届くような絵を、いつもありがとうございます。

来年も、お世話になります。

2014/12/31 (Wed) 10:27 | EDIT | REPLY |   

hige  

初春

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2015/01/01 (Thu) 00:41 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: 美露空さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

絵を描いていると苦労も多いですが、そう言っていただけると大変励みになります。
これからもできる範囲でやっていこうと思うのでよろしくお願いします。

2015/01/01 (Thu) 08:32 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: 初春

あけましておめでとうございます、higeさん。
こちらこそよろしくおねがいします。

2015/01/01 (Thu) 08:34 | EDIT | REPLY |   

慧喜  

no title

ぶち丸さん☆

明けましておめでとうございます^^
今年も宜しくお願い致します♪

。゚+.謹賀新年゚+.゚(○゚∀゚)(○。_。)ペコッ

2015/01/03 (Sat) 01:17 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: 慧喜さん

こちらこそよろしくお願いします。
消えていってしまうブログも多いですが慧喜さんのブログは末永く続いていって欲しいです。
更新楽しみにしています。

2015/01/03 (Sat) 02:15 | EDIT | REPLY |   

わたぐも  

no title

はじめまして。ぶち丸さん。
いつも印象的な絵をのぞいています。

ぶち丸さんがサイトで紹介しているリンク集の数が以前はもっとあったように思うのですがあのリンクの一覧をもう一度見たいなと思っています。
よろしければ教えてもらえないでしょうか?

2015/01/11 (Sun) 13:53 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: わたぐもさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
いつも見てくれて嬉しいです。

リンクは以前は気に入ったブログを片っ端から張っていたのでたくさんあったのですが、
きりがないので整理してだいぶ減らしてしまいました。
もう見ることは出来ません、ごめんなさい。

2015/01/12 (Mon) 11:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment