脳内交響曲

ARTICLE PAGE

11 2014

あなたの悩みはちっぽけなんですよ、という主張に関する考察

Gate17.jpg

「人間なんかちっぽけなんだから、あなたの悩みなんて大したことではない」と言われることがある。
こういった文句の登場は自己啓発の分野で顕著であり、例えばネットで「人間、ちっぽけ」などと検索すれば、そういった内容のページがうじゃうじゃ出てくる。

確かに個人を離れたより大きい枠組みからすれば、我々の存在は一見どうしようもない程にちっぽけなものといえるだろう。
では、このように考えることは我々が前向きに生きようとする姿勢を支えてくれると言えるだろうか。

この点について考える前にちっぽけであるということはどういうことかについてもう少し踏み込んでみておく。
まず、人間のちっぽけさには二つの側面がある
一つは「社会から見たちっぽけさ」、そして「もう一つは宇宙から見たちっぽけさ」である。



スケールの大きさからすれば宇宙の方がはるかに壮大と言えるが、ただ社会の方も個人に比べれば規模は大きく十分壮大と言えるだろう。
「人間なんてちっぽけだよ」と語られるとき、その発言におけるちっぽけさは私が思うに、恐らく宇宙から見たちっぽけさのことを指している。
例えば、「あなたは社会から見たらちっぽけなんですよ」という表現と「あなたは宇宙から見たらちっぽけなんですよ」という表現を並べて考えてみてほしい。
両者をそれぞれあなたが言われたとして、そのときあなたはどのような印象を受けるだろうか。

恐らく後者は言われてもさほど辛くはないが、前者は言われるとなんだか嫌な感じであろう。
これは、前者は暗に「あなたは価値のない人間ですよ」というニュアンスを含んでいるからである。

宇宙はなんら判断力を有しない。
だから宇宙の規模から見て自分がちっぽけであるとしても、人はそこまで心を痛めることはない。
だが一方で、社会から見てちっぽけであるということは、人に心理的な苦痛をもたらす。
なぜなら、社会、すなわち大衆は判断力を有しており、それがあなたに価値を見出さないことは、即ちあなたが「生きる価値が無い」ということを意味するからだ。
(だから人は宇宙的にちっぽけであることは望んでも、社会的にちっぽけであることは積極的に拒む。)

誰だって判断力を持った他者から「あなたは無価値な存在です」と言われたくはない。
だからポジティブなメッセージを唱える人はまさか「社会的に見てあなたがちっぽけ(無価値)である」などとは言うまい。
よって彼らは社会ではなく、もっと大きい宇宙という枠から「あなたの悩みはちっぽけなんですよ」と言いたいのだろう。



では、宇宙からみて悩みがちっぽけであるということは悩みの深刻さを軽減するだろうか。

このような方法で悩みを消そうとする試みは恐らく、ポジティブな人に限らずネガティブな人も往々にして実践するものだろう。
だが私は、宇宙の規模を踏まえて悩みを消そうとすることは何の意味もないと思う。

なぜなら、宇宙の視点から自分を眺めることなど人間にはで出来やしないからだ。
もし悩みを抱える人物が自分の体を抜け出て、より大きいスケールから自己の体を眺めるようなことが可能なのであれば、たしかにその災いは宇宙で起きている無数の出来事のとるに足らない一つと考えることはできよう。
だが実際にはそのように自己を抜け出すことはできず、いくら頑張ったところで悩みを抱える人物は災いを被っている当事者なのである。
だから、自分の視点を超えた視点を持ち出すことに私は意味があるとは全く思えない。
もしこのような詭弁によって悩みを克服出来るのであれば、その悩みはもともと大したものではなかったとすら言いうるだろう。

ただ自己を離れずとも神の視点のようなものを持ち出すことによって、自己をちっぽけであるとみなすことは可能ではないか、と言いたい人がいるかもしれない。
もしそのような視点を導入することが許されるならば、確かに悩みはちっぽけなものと言ってもいいかもしれない。
しかしそのような視点から見ると、悩みだけでなく喜びも同時にちっぽけなものとなってしまうのではないだろうか。

我々は何らかの希望がなければ生きることはできない。
あくまで我々は何らかの対象に価値を見出しているからこそ、生き続けようとするのである。
だが、何もかもちっぽけで無価値であるとなるとしてしまうと、そこから行きつくのは絶望的なニヒリズムである。
最初はポジティブに生きるよう促すために人間のちっぽけさを強調したのにこれでは本末転倒ではないか。
我々が積極的に目的をもって生きようとする意欲をくじくこと、これは本来望まれることではないはずだ。

このように言うとポジティブな主張をするものは「悩みは小さいものだけど、喜びは大きいものなのよ」というかもしれない。
たしかに人間は自分に都合のいい判断をしがちな生き物だから、そう考えることができる者もいるだろう。
しかし、そのように考えられる人間の悩みというのは、改めて言うがそもそも大して深刻なものではないのである。
そして、人間そんなに自分の都合のいいように世界を見れるかというと、なかなかそうでもあるまい。



以上を踏まえると、「人間はちっぽけだから悩みなんか捨ててしまえ」といった主張は不適切であると言えよう。
確かに人間が宇宙から見れば大きさがちっぽけであることは事実である。
だがもし相手を前向きな方向に促したいのであれば、そんな壮大なものを持ち出さずに、もっと個人の視点を踏まえたうえで、現実的な解決をこそ薦めるべきである。
そのあたりをポジティブの押し売りをする人には重々把握してもらいたい。
人間の悩みは単なるサイズの大小で割り切れるほど単純なものではないのである。

関連記事

人間 ちっぽけ 宇宙

10 Comments

慧喜  

no title

ぶち丸さん☆

訪問して頂いて、有難うございます♪

ぶち丸さんの絵は、すごいです・・・@

何か、六感識?にジワジワくるような感じです^^;
(銃を持つ手の絵にもシビれました)

是非、リンクさせてくださ~~い♪♪♪

2014/12/08 (Mon) 01:01 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

はじめまして、慧喜さん。コメントありがとうございます。

六感識という言葉は初めて知りました。いわゆる第六感というやつでしょうか。
自分でもよく分からない作品ばかりですが、そこまで深く作品を感じ取ってもらえて嬉しいです。
ちなみに銃の絵は3年くらい前の作品で、デッサンがおかしいのではずかしい限りです・・・。

慧喜さんのブログはけっこう前から見させてもらっています。
気に入っているブログなのでリンクを張っていただき大変光栄です。
私のほうからも張り返させていただきました。今後ともよろしくお願いします。

2014/12/08 (Mon) 01:48 | EDIT | REPLY |   

慧喜  

no title

ぶち丸さん☆

返信&リンクして頂いて、有難うございました!!
私のブログを、そんな風に言って頂いて嬉しいです♪
(*´∪`*)

六感識、という言葉って、ひょっとしてないのかな・・・?
私が適当に作ってしまっただけなのかもしれません汗

銃の絵には、とてもセクシュアル?なものを感じました。
私の感じ方がおかしいのかもしれないけど・・・笑
あと、20101102の絵も、好きです・・・♪

これからもよろしくお願いします (っ´∀`)っ

2014/12/08 (Mon) 20:46 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

セクシュアルですか。私にはよくわからない領域です・・・。
でも、作者が考えていないようなことを受け手が作品から見出すことはあるのでおかしくないと思いますよ。
ちなみにあの絵は女性が銃を持っている絵を削って腕だけにしたものなので元の絵も見てもらえるといいかもしれません。
(このブログの下のほうにリンクが張ってあるPixivやサイトで見れます。)

20101102は冬の絵ですね。今後冬の絵も描けたら描こうと思います。

2014/12/09 (Tue) 20:24 | EDIT | REPLY |   

onoe  

no title

惹きつけられる絵ですね。

いつか、私をイメージして、何か描いてもらいたい!!と勝手に妄想したりします。すみません。

私のブログに訪問いただきありがとうございました。なんだか心強いです☆

2014/12/16 (Tue) 20:37 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

初めまして、onoeさん。コメントありがとうございます。

この絵は私にとって複雑な作品です・・・。
半年前に描きはじめて以来何度も手を加えているのですが全然納得がいきません。
完成させようといくら頑張っても完成しないとにかく忌まわしい絵です。

onoeさんのことはブログを読ませていただいているので少しは知っているつもりですが、絵にさせていただくとなると一筋縄では行かなそうですね・・・。
機会があればぜひ。

2014/12/17 (Wed) 02:10 | EDIT | REPLY |   

高遠ユミ  

no title

はじめまして。

足跡から訪問させていただきましたが、迫力ある絵がいっぱいですね。
圧倒されました。
抽象的だけど、すごく心に訴えかけるものがありますね。スゴイ!

色も暗目のも明るいのも、とても綺麗で、
ネットでなく、壁に並べてじっくり眺めてみたくなります。

リンク貼らせてください。

2015/01/12 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: 高遠ユミさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

私は特に訴えたい何かがあるというわけではなくて、
全体的にだらだらと暇つぶし程度に描いた作品ばかりですが、
何か感じてもらえるところがありましたら、幸いです。

個展とか開けたらいいのですがなかなかそうもいかないですね・・・。
こちらからもリンク張らせていただきました。お世話になります。

2015/01/13 (Tue) 01:29 | EDIT | REPLY |   

高遠ユミ  

no title

ありがとうございます。

暇つぶしでこんな絵が描けるなんて…羨ましいです。
20141201や、20141213、20141026、20140903、20120520とか、
どれも素敵です。

個展、本当に実現できると良いですね!
あと、詩と合わせて絵本にしても素敵だと思います。

今後ともよろしくお願いします。

2015/01/13 (Tue) 21:43 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: 高遠ユミさん

お褒めの言葉ありがとうございます。
暇つぶしといっても一応それなりに力はこめているので
必ずしも楽というわけではないですね・・・。

今は実力も時間もお金もないので大したことは出来ませんが、
いずれは何かしらの活動を出来る範囲でやっていこうと思います。
こちらこそよろしくお願いします。

2015/01/16 (Fri) 06:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment