脳内交響曲

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 2014

死後の世界は存在しない

SL6.jpg

我々は様々な要因によって死を恐れる。
例えば、未来を奪われること、人生の目標を阻害されることなどは我々に死を恐れさせるには十分すぎる要因だろう。
あるいは愛する人々・慣れ親しんだ土地との永遠の別れという点から死を恐れる人もいるかもしれない。
(これに関しては私はそうでもないが)

そして、何よりも我々の恐怖を喚起するのは消滅してしまうという事実である。
生まれてから今までずっと存在してきたのに、不意に生を断たれることによって、誰しも最終的には必ず消滅しなければならない。
この事実はよくよく考えてみればぞっとするほど理不尽なことであり、多くの人が死を恐れるのは恐らくこれが原因であろう。

そして消滅としての死を恐れる人の中には死後の世界を信じる者もいる。
現代人は懐疑的なので、死後の世界を信じていないだろうと思っていたがどうやらそうでもないらしく、ここを見る限り死後の世界を信じる人は相当数いるようである。
我々の抱く死の恐怖は強固であるがゆえに、来世の魅力はそれだけ強いものがあるのだろう。

この消滅としての恐怖を完全に乗り越えるには「死後の世界」を全面的に信じ込むしかないのかもしれない。
我々は「死後の世界があるかないかはわからない!だから結論は出さないでおこう!」という不可知論的なアプローチをとることもできる。
だが、この方法では死が消滅である可能性を残してしまう以上、完全に恐怖を払しょくすることはできない。

もし死後の世界が存在することを確信すれば、仮にその世界がどのような世界であれ、少なくとも死に対して「消滅としての恐怖」を我々は感じなくなるだろう。

ただ私からすれば、死後の世界の物語はいずれも信じるに値しないくらい安っぽいものである。
そこで、この記事ではその点について簡易的に触れておきたいと思う。

まず死後の世界があると仮定してみよう。
そのとき、死後の世界の在り方には二つの種類があると考えられる。
一つは「現世でのあり方と同じあり方を来世でもする」(肉体として存在し続ける)というもの。
そしてもう一つは「現世でのあり方とは別の在り方を来世ではする」(例えば、として存在し続ける)というものだ。

前者の例として挙げられるのはキリスト教の復活・輪廻転生である。



キリスト教における復活

まずキリスト教の復活の方からふれるが、これは「一定の期間がたった後、これまで死んだ全ての人々が肉体を取り戻し復活する」という物語である。
この物語はいまだに多くの人に信じられており、多くの地域で土葬が行われ続けるのも、このような死後の世界の世界の存在が広く信じられているからである。

だが私からすれば、死後に肉体がもとに戻るというのは信じがたい。
例えば仮に肉体が死んだ後に復活するとして、その復活したときの状態はどのようなものなのだろうか?
死んだときの状態でそのまま復活するのだろうか?
それとも一番活力に満ち、健康的であった成人の頃の姿として復活するのだろうか?

もし、死んだときの状態のままで復活するとなると当然厄介な問題が生じるだろう。
人間は死ぬ際に誰もがぽっくりと奇麗なまま死ねるわけではなく、老いや病によって苦しみながら死ぬケースがほとんどである。
だから、仮に死んだときの状態のままで復活するとなると、世界はケガや病気を負った人だらけになって地獄と化してしまう。

そこで、キリスト教徒たちは、恐らく「人はみな健康的な状態で、そして一番活力に満ちた成人の頃の姿で復活する」と考えるだろう。
神様は善良で全知全能なのだから、そのようなことも当然なのだと彼らは信じ切るのだろう。

だが、仮に神が善良ならば、そもそも病や飢餓や老いや人間関係のしがらみ等のマイナスなものがこの世界に存在するはずがなかろう。
生前の世界ですら、神は我々が抱える不幸にまともに取り合ってくれないのである。
にもかかわらず、仮に神がいたとして、それがなぜ死後の世界を最も都合の良い形で用意してくれるというのだろうか?
もちろん、そんな保証はどこにもないのは明白である。

結局のところ死後の世界は事実として起こるものではなく、これは我々の願望のうちから生まれたファンタジーにすぎないのだ。
よって我々はいい加減、願望と現実を分けて考えるようにし、死後の復活などというくだらない幻想は唾棄すべきである。



・東洋哲学における輪廻転生

では一方で、輪廻転生はどうであろうか。
輪廻転生には恐らく様々なタイプが存在するだろう。
例えば「人間は死後に必ずまた人間として何度も生まれ変わる」と考えることも出来るし、
或いは、「何らかの要因(例えば善いことをすることや悪いことをするなど)によって人間になったり畜生に転落したりを繰り返す」と考えることも出来る。

もし輪廻転生が事実であれば、それは人によって善いものにも悪いものにもなりうるだろう。
例えば仮に不幸な人生を歩む人が来世で幸福な生を歩むことが出来るならば輪廻転生は望ましいものということになるし、
逆に不幸な生が回ってくるならば輪廻転生望ましくないものということになる。
ただ生が無限に繰り返されるのが難点で、この部分だけを踏まえると輪廻転生は実在すればあんまりうれしくないことと言えるだろうか。

しかし私からすれば、輪廻転生も死後の復活と同様に信じるに値しないものだ。
いや、というより輪廻転生はそもそも信じたとしても何の意味もない。

我々は人格の同一性を、ある種の傾向性(価値観)や身体の持続の観点から判断する。
例えば、ある人が同じ価値観を過去・現在・未来にわたって持ち続けているならば、我々は「過去のその人」と「現在のその人」と「未来のその人」を同一人物であると考えるだろう。
或いは、ある人が似たような特徴を持つ身体を過去・現在・未来にわたって持ち続けているならば、その場合も我々は「過去のその人」と「現在のその人」と「未来のその人」を同一人物であると考えるだろう。

だが仮に輪廻転生があったとして、死ぬ前の人物と生まれ変わった人物は同一人物であるといえるだろうか。
生まれ変わった人物がいたとしても、その人物は死んでしまった人物とは身体を構成する物質をまず間違いなく共有できていない。
そして、生まれ変わった人物と死んでしまった人物はまず間違いなく同じ価値観を共有できていない。
(人間から動物に生まれ変わった場合はなおさらだろう。)
にもかかわらず、なぜ生まれ変わった人物を死んでしまった人物と同一視することができるのだろうか。
結局のところ生まれ変わる前の彼自身は死んでしまったのと何の違いもないのではないか。

また、人が同一人物であり続けるためには過去を振り返ることが可能でなければならない。
もし仮に一切の記憶を失った私がいたとしたら、それは私と言えないだろう。

だが、我々は自分が生まれる前のことを振り返ることはできない。
来世の自分が今の自分と同一であるならば、その自分は今の自分の記憶を振り返ることができるだろう。
だが今の私が前世の記憶を振り返ることができないのに、来世の私のみが前世(私から見ると今世)の記憶を振り返ることができるのだろうか。
その想定は都合がよすぎるように私には感じられる。

よって、輪廻転生の観点から死後の世界を想定することは全く意味がないと言えるだろう。
仮に自分が生まれ変わったとしても、その生まれ変わりの自分は赤の他人であり、今の自分と何のかかわりもない。
「死後に生まれ変わる」という表現は実は何も指し示してはいないのである。
だから我々は「何度も生が繰り返される」という物語もいい加減捨て去るべきである。
結局のところ輪廻転生も死後の復活と同様、消滅を恐れる人間が生み出した壮大なファンタジーにすぎない。

以上を踏まえると、死後の復活・輪廻転生などにおける「死後に人は肉体として存在し続ける」というアイデアは間違いであるといえる。
では次に、「人は死後にとして存在し続ける」というアイデアに関してはどうか。



・霊霊界)の存在

このような主張はスピリチュアル・神秘主義の分野で顕著である。
として存在している状態がどういうものであるかについては意見は様々だが、概ねその状態は心地よいものと言われる。
すなわち、それ自体で完全な、何ら苦痛のない安らかな状態が誕生前にはあり、そして死後にもそれが待っているというわけだ。
知らない世界へ旅立つことに対する不安を除けば、この物語を信じることは我々に安心を与えてくれはするのかもしれない。

だが、この主張には二つの点で問題がある。
まず一つ目の問題点は「の状態がそれ自体で完全なものであるならば、なぜこの不完全な世界に落ちてくる必要があるのか」というものだ。
この世界には上でもふれたように、飢餓や貧困、災害、人間関係の辛いしがらみなど様々な不幸がある。
仮に恵まれているとしても人は誰しも煩悩を抱え欲求に振り回され続けなければならない。
これが一切の苦痛のない状態に比べて不幸なのは確かなのだが、しかし一体なぜ人はここにはやってくる必要があるのだろうか。
もし魂の状態が完全なものであるならば、別にこの世界になどやってこなくてもよかったではないか。

このように追及すると恐らく魂の存在を信じる者は「魂の修業のためにこの世に人はやってくるのだ」とか「使命があるのだ」とかいった回答をするだろう。
だがそうすると、魂の状態は現世での修行・使命の達成を必要としなければならないほど不完全であるということになる。
この点で彼らの主張は矛盾を抱えているじゃないか、と私は思うのだ。

そして、二つ目の問題点は魂の状態についての物語がご都合主義じみているということだ。
仮に魂が存在するとして、死後にその状態で我々が存続するとしてみよう。
そのとき我々は一体どのようなあり方をするのだろうか?
もっと厳密にいえば、知的能力はどれくらい保持されるのだろうか?

この問いに対して考えられる回答は四つである。
一つは①「人間の思考能力は死んだときの状態からそのまま引き継がれる」というもの。
一つは②「人間の思考能力は一番明晰な状態に戻り、それが持続する」というもの。
一つは③「人間の思考能力は無になり、代わりの何らかの能力を持つ」というもの。
そしてもう一つは③「人間の思考能力はいったんゼロに戻り、再び成長をし始める」というものだ。

もし①が正しいとすると、重度の認知症を患ったまま死んだ老人や精神に障害を負ったまま死んだ者には魂の状態は完全からは程遠いものとなるだろう。
②が正しいとすると、乳児や幼児のうちに死んだ者は結局明晰な思考を働かせることはできないことになる。
③・④が正しいとすると、人格が消滅しており、結局死と何ら変わりがない。
いずれにせよ、死後の魂の状態は我々にとって完全なものとは言い難いのではないか。



この二つの問題があることによって、私は死後に人が魂として存続するとは考えない。
そして以上の議論を踏まえると、死後の存続は、それが肉体としてのものであったとしても、或いは魂としてのものであったとしても全く信じるに値しないということになるだろう。

ここまで読んでもなお「それでも死後の世界を信じます」という人がいるかもしれない。
そういう人のことは私はもう知らない。「ああ、そうですか」と答えるだけである。
だが、自分に正直な人であれば、死後の世界が無いという実感は十分に持ったであろう。
勿論そういう人も、死の恐怖を抱けば簡単に手のひらを返して死後の世界を信じるほうに行ってしまうかもしれない。
だが個人的に、そういう人には「死後の世界を信じて恐怖を乗り越える道」ではなく、出来れば「死を消滅ととらえた上で恐怖を乗り越える道」を選んでもらいたいものである。
(この点については他の記事で触れる。)
関連記事

死後の世界 キリスト教 死後の復活 輪廻転生 霊界

- 9 Comments

花音  

こんにちは。

ぶち丸さん。

モーツアルトの「魔笛」を連想しました。
生と死の狭間で苦しんでいるのか
希望を持っているのか…白鳥しか分からない

斬新な絵画ですね。

2014/11/24 (Mon) 16:35 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: こんにちは。

こんにちは花音さん、コメントありがとうございます。

https://www.youtube.com/watch?v=CA9WV90KOYM
この曲ですか?私の地味な絵に対して壮大すぎるような・・・。
でもこのようなすばらしい音楽を私の絵から思い浮かべていただいて光栄です。

基本的に新しいものを描こうとは思っていないです。
絵を描くということは私にとってただ漠然と行う作業に過ぎず、何も目的や意図はありません。

2014/11/25 (Tue) 03:54 | EDIT | REPLY |   

茶流  

おおお(^O^)

すごいすてき!すき!(´∀`)ノ

2014/11/26 (Wed) 14:30 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: おおお(^O^)

こんにちは、茶流さん。コメントありがとうございます。
気に入っていただけて何よりです。

2014/11/26 (Wed) 15:18 | EDIT | REPLY |   

FOOX  

PixivでFOOXと名乗っているものです。稚拙な私のフォローしていただいて感謝しております。
長文で問題のあるコメントになってるかもしれませんがご了承いただければと思います。その縁でぶち丸様のブログを拝見させていただきました。私もキリスト教や既存宗教、死後の世界の存在に自分で言うのもなんですが、相当な否定的な思考しか持ち合わせていませんね。
よくあれだけの信者を抱えられるよなと思います。そんなに深く感がないだけなのか、周りが信じているからだけなのか知りませんがあれだけ高学歴な人や知識人でも批判になりますが安っぽい・幼稚で稚拙で人間が作った創作神話を本気になって信じてしまうのはなぜなのだろうと思いますね。
特に批判になりますが私はキリスト教には拒絶感を覚えますね。自分はPixiv内であれだけキリスト教をモチーフにしたエヴァ関係を作っているのに(でもキリスト教は大嫌い)。個人的に牧師や神父の方々はキリスト教成立以前の人々はキリストの存在も知るすべもないのだから救われないのでは?という私のささやかな疑問にも何が何でもこじつけ解釈や論法を用いて正当化や肯定を図っていて辟易しますね。ともかくなにがなんでも誰でも信じれば救われますという信者獲得勧誘をしていて。本当に子供じみてて。
この世(宇宙)とはは何なのか、人間とは何なのか、そもそも神とは何か(人格神かそれ以外かも不明)がそれは誰にも永久にわからないものなのに、それをまるでわかったという前提でなんの臆面もなく布教している無知さなどもキリスト教に気が引けてしまい冷めた目線でしかみれない自分がいます。
私も死後の世界はある種の「無」の状態みたいで、自己の存在も、空間も時間も物質もないつまらないところなんだろうなと思っています。拙文ながら影ながら応援しております。私も死後の世界悲観派です。

2018/01/21 (Sun) 02:04 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

FOOXさんへ

> PixivでFOOXと名乗っているものです。稚拙な私のフォローしていただいて感謝しております。

こんにちは。Pixivの方からいらしていただけるとは!
あっちからこっちに飛んできてもらえて、しかもブログまで読んでもらえるのはありがたいです。

死後の世界のある/なしの議論は恐らく身体で世界を考えるか、それともそれを超えた何かで世界を捉えるかという問題なのでしょう。
たとえば特定の人物=身体と考えるならば人生はその身体から開ける0~120年の持続する認識であり、一方で特定の人物=超越的な何かと考えるならば人生は「身体から開ける0~120年の持続する認識」を超えた何かになる可能性が生まれます。
宗教を信じている人は恐らく後者を信じているのでしょう。ただ、これは価値観の違いみたいなものでどちらに結論付けるかは大した問題ではないような気もします。
むしろ「今・ここ」という観点に目を向けると死にまつわる全ての議論の様相は一変するんじゃないでしょうか。最近はそんなことを考えます。これは宗教学や物理学のどちらでもない時間の哲学に関する話なので、いつか機会があれば論じたいところです。(今は忙しいのでいつになるかは見当も尽きませんが)

2018/03/08 (Thu) 06:01 | EDIT | REPLY |   

FOOX  

No title

PixivのFOOXです。返信が遅れまして大変申し訳ありませんでした。私どもも相変わらず節操のない作品以下の無意味な創作とギリギリの生活でなんとか生きている状態です(こういう生活に余裕のある人職場であったことないです正直)。全く死後の世界の話でなくキリスト教嫌いな話でしかなかったと思いますが、イケメンイエスの心臓を指差したあなたを救うという笑みに聊か反吐が出る性分です。ある宗派は完全に名前だけキリスト教会だったり、十字架らしいシンボルだけれども教義自身は全くの似非キリスト教会もあったり、ロシアではイエスのよく似た菜食主義者の教祖が高齢者方からの信仰を集めたり。まさに信じて疑わないタイプの人が入るのでしょうね。私の場合、信じる前に疑いますが。知人は宗教は全てダメといってましたが、個人的には正解だと思いますね。
キリスト教はユダヤ教からみれば新宗教でしかないだけですし(信者数が多いだけ)、イスラム教でも正確かどうかあれですがキリストは別人が磔になり、神の子としては絶対に認めていないのですよね。くさいものにふたをしたり、科学考証で判明しないことをいいことに喰っていて嫌いですねホントに。キリスト教の負の面は信者は見向きもしないで屍の上を歩いているイメージが付きまといます。昨今お亡くなりになられたスティーブン・ホーキング博士が個人的には私の心の支えですね。
小生の戯言で申し訳ないですが楽曲の方になるのですが、MaDeth'gray'llの「頭の悪い神を殺せば(いいのでは)」というあのバンド独特の歌詞が気に入っています。そうか神は殺していいんだ心の中でと。嫌なら殺してもと。元々メタラーよりかは日本語の歌詞でバンドで暗ければいいかなというのでビジュアル系が個人的にはアンダーグラウンド的で壺ですね。
作品はエヴァ系はネガティブか暗め、でもある程度一般向け(制限のないもの)などで分けられればいいのですが分けられずじまいで。個人的に2つの大まかなジャンルに分けたいのですが機能がなく(フォルダのくくりみたいな)残念に思います。
ぶち丸様に恐縮なのですが、結構そこまでダーク一直線で描いていない部分が多い小生の作品群のドのあたりにお惹かれになったのでしょうか?返信お待ちしております。相変わらず養分失礼致しました。

2018/04/22 (Sun) 23:23 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

FOOXさんへ

ぶち丸です。返信は遅くても全然大丈夫です。私自身も返信は(ものぐさな性格のせいで)かなり遅い方なので・・・・。とりあえず一つ言っておくと、宗教(主にキリスト教)にFOOXさんは激しい敵意を持ってるみたいですが、私自身は正直そんなに憎しみを抱えるほど宗教に関心は無い感じなんですよね。前は積極的に否定しようとしたりもしましたが、最近はそれすらもうどうでもよくって。死とか運命とかを考える上でオマケ程度に宗教について考えたりすることはありますが、あくまでオマケ程度に考えるのみです。宗教が言ってることが正しいか間違っているかは、正直どっちでも良い感じです。正しければ正しいんだろうし、間違っていれば間違っているんだろうなあって。正直その程度です。もし身近にそういう信者とかがいて私に迷惑をかけるのであれば話は別ですが、そういうわけでもないですしね・・・。ちなみに最近は宗教が言っていることが仮に正しかろうが間違っていようが残る問題にのみ興味がある感じです。具体例を挙げますと時間の問題、運命の問題、自我の問題などなど・・・色々あります。なのでそういう方にばかり関心が向かっているので、宗教を否定する精神みたいなのをFOXXさんと共有することは出来ないかもしれません。上でもいったように、宗教を否定することに特に熱を燃やしていないので、今はそう言うことに時間を使いたくない感じです。

音楽は基本的にメタルばっか聴いてますが、ビジュアル系もたまに聴きますよ~。最もそこまで知っているわけではないので、あまり深くは語れないですが・・・・。MaDeth'gray'llというバンドは全く知らなかったので教えてもらえて有難いです。こういうマイナーなバンドに興味があるので、よかったら他にも教えていただけると助かります。(個人的に)

FOOXさんの作品のいいところはセンスを感じさせる線の描き方をしているところですね。この人はいずれ素晴らしい作品を描くかもしれない!という予感が一応私の中にある感じです。

2018/06/01 (Fri) 12:36 | EDIT | REPLY |   

FOOX  

No title

PixivのFOOXです。なかなか私自身人を見る目と学がないこともあるのですが、ブラックメタルをよくお聞きになったりしているのでてっきりアンチキリストの志向が強いお方なのかなと思っていました。尤もブログだけの推察でしかないのですが。(プロフでも背教者とのことなので)
個人的にはキリスト教に敵意というよりかは嫌悪感が大きいですね。敵視はしていますが。みるのもきくのも反吐が出るくらい拒絶アレルギーの塊には感じています。なのでぶち丸さんの見方は正しいと思いますね。個人的にどの宗教もダメというのがありますが。
絵のことですが私の場合思いつきのものをアップして未完成的なものでもそのまま公開しています、なのでぶち丸さんが仰るように作品の雰囲気よりは描き方など作品自体より私の作風みたいなものに惹かれてくださったのだなと思います。(個人的にダークだからとかという理由を期待していたのですがそうでもないようですね)
MaDeth'gray'llなどコテ系と呼ばれる悪魔でも主観ですがダークで退廃、超猟奇的・病的な歌詞や過激さがあるバンドが好みで、他にはAliene Maria'geやデザビエ、Syndrome、Merry go Round、Velvet EdenROUAGE、ARHAZARDなど他にもありすぎるのですが、ただメタルのように悪辣なシャウトが中心ではないのでその辺は個々人の主観で好き嫌いがあると思います。個人的には日本語歌詞なので親しみやすくかつ独特のバンドが多いのでLastFmというサイトで検索していただければ色々マイナーなバンドは出てきますのでお薦めします。尤もバンドによりけりなところが多いですが。
なかなか私もうまく相手に話を歌える文章能力がないので、(しかも長文)ご迷惑かと存じますがこれからもよろしく願えいればと思います。

2018/06/08 (Fri) 17:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。