脳内交響曲

ARTICLE PAGE

06 2014

創作者は嘘をつかないのが肝要

Vemod12.jpg

創作する人は、ほぼ例外なく他者に自らの作品を見せたがります。
もしかしたらごく一部、一生他人に作品を見せずに死んでいく人もいるかもしれません。
しかし、大半の人はそうではないでしょう。
多くの芸術家は美術館で自分の作品を展示してもらったり、画集を出版したりしています。
また現代では、ネット上で(私を含む)無数の人々が作品を公開しています。
何故(私を含む)創作する人々は様々な方法を使って、作品を披露したがるのでしょうか?



私が思うに、作品を他人に見せる動機は自己愛以外あり得ません。
つまり誰もが必ず、「自分が好きだから」作品を他者に見せようとするのです。
お金がほしいとか、表現を見せつけたいとか、有名になりたいとか、認められたいとか、種類は違えど、すべて動機は自己愛の一言にまとめることが出来ます。

一部の絵描きは作品を公開する理由を訊かれて、「人を感動させたいからです」とか、「芸術を通して社会に貢献したいからです」とか、歯が浮くようなことを口にしますが彼らは全員嘘つきです。
なぜなら、彼らもまた「他者ではなく自分が人を感動させること」とか、「他者ではなく自分が芸術を通して社会に貢献したい」とか、自分がなすことに強いこだわりを持っているのですから。
自分が!自分が!と主張するのは典型的な自分大好き人間の特徴です。
自分が謙虚であると見せかけている人は、その謙虚さによって自分の価値を暗に高めようとしているという点で、大変な自分大好き人間であるといえるでしょう。



しかし、自己愛をもつことや傲慢であることが絶対的に悪であるかというと、必ずしもそういうわけではありません。
むしろ創作する人は、謙虚であるよりまず傲慢でなければならないでしょう。
なぜなら、自己愛や傲慢さは素晴らしい作品の産出に必要不可欠なのですから。
自分に必要なあらゆるものを吸収しつくして素直に吐き出すからこそ、素晴らしい作品は生み出されるのであって、そもそも自己愛がなかったら誰も絵を描く気すら起きません。

だから、絵描きが自己愛を持つことは何の問題もありません。
「私は自分が好きで他人に作品を見てほしい!見せつけたい!」とか、「金のために作品を公開しています」とか、本音を正直に言う人々は、むしろ尊敬に値します。



ただ、嘘を付くのはやめるべきだと私は思うのです。
人のため世のために絵を公開する人は、本音を言えばいいと思うのです。
彼らは明らかに謙虚な姿勢を貫き、自らの人格をウリにしています。
しかし、それは作品の価値と全く無関係です。
多くの人々は作者の人格で作品の質を判断してしまいがちですが、作者がいい人でも作品が素晴らしいかというと、そういうわけではありません。

本音を隠さないこと、まずこれが一流の創作者になるための必須条件でしょう。
もちろん素直であれば必ずいい作品ができるというわけでもありません。
ただ、自分の感じたものを押し殺していたら、いい作品などできるはずもないでしょう。
だから、言葉を出す機会があれば本音を隠さないこと、一流の創作者を目指す者はまずこれを必ず心がけるべきです。

関連記事

芸術

6 Comments

okokkeitarou  

no title

こんばんわ
初めてコメントさせていただきます。
なんかこれ・・・好きです。
扉の向こうは多分・・・無限かな

2014/11/06 (Thu) 22:18 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

okokkeitarouさん、初めまして。コメントありがとうございます。

この絵はあまり深く考えずに描いたのでなんとなく気に入って頂けたらそれでぜんぜんいいと思います。
言われてみると扉に見えなくもないですね・・・

2014/11/07 (Fri) 01:47 | EDIT | REPLY |   

ポール・ブリッツ  

no title

リンクさせていただきました。

陰鬱な絵ですけれどなんとなくわたしの琴線に触れる作品が多いですね。

抽象のほうが「くる」作品が多いような気がします。

2014/11/07 (Fri) 22:16 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

初めまして、ポール・ブリッツさん。リンクお世話になります。

作品の評価はなんとなくでいいと思います、気に入って頂けるものがありましたら私は幸いです。
抽象画はとても自由度が高いので幅広い表現したいときにはもってこいですね。
ただ具象画にくらべて良し悪しが判断しにくいので、それとはまた違った難しさがあります・・・。

2014/11/07 (Fri) 23:29 | EDIT | REPLY |   

きたあかり  

ブラック

はじめまして。きたあかりといいます。

ブラックが覗いているような絵と思いました。
素敵です。
時に、左の上の方と下の方にある丸い小さな点が
画面全体を支配しているようで、
すみません、アタシ、絵に詳しくないのですみませんが、
そんな感じに思えました。

2014/11/12 (Wed) 21:59 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

初めまして、きたあかりさん。コメントありがとうございます。

きたあかりさんのこの絵に対する解釈すごいですね・・・。
人でないものが覗いてるとか支配するといった言葉を使える感性がとてもすばらしく、見習いたいです。
内容のほうも私が考えもしなかったことですし、ある意味きたあかりさんのほうがよっぽど絵に詳しいといえると思います。

2014/11/13 (Thu) 00:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment