脳内交響曲

ARTICLE PAGE

30 2014

作者は褒めるに値しない

TBES5.jpg

たまに、私の作品を見た人の中に「ぶち丸さん、すごいですね」みたいな感想をくださる方がいます。
こんな辺境のブログに来ていただき、そのような温かい言葉をかけていただけるのですから、私にとっては本当にありがたいことです。

ただ、私が彼らの立場に立ってみると、「ぶち丸を称賛する」心理は正直よく分かりません。
いや、もっと言うと、あらゆる創作物の作者を称賛することが、私にとっては真面目に理解できません。
そもそも作者は、褒められるに値する存在なのでしょうか?



まず称賛が成立するためには「作品を作ったときの作者」と「褒める時の作者」が同一であると言えなければなりません。
だって、別人だったら、何も作っていない人が称賛されることになってしまいますから。
しかし、「作品を作ったときの作者」と「褒める時の作者」が同一であると確かめるのは大変難しいんじゃないでしょうか。

例えば、自分の友人が絵を描いているのを見るとします。
その絵を描いてるのは、常識的に考えれば、自分の友人自身です。
私もその考えにとりあえず間違いはないと思います。
では、その絵が出来上がって、しばらくして何処かに飾られることになった場合、我々はそこで絵と彼自身を見て、「この友人が以前、この作品を描いた」と断定できるでしょうか?

ここでまともな人であれば、ごく自然に「この友人が、以前この絵を描いた」と判断します。
そして、その根拠として彼らは、「絵を描いていた時の彼と今の彼の心理的特徴・身体的特徴が、似通っていること」を挙げるでしょう。
しかし極端なことを言えば、心理的特徴・身体的特徴などがあくまで似通っているだけで、実は今の友人は以前の友人とは同一の人物ではないとも考えられます。

例えば、その絵を描いた友人が、展覧会が始まる直前に、何ものかによって溶鉱炉に突き落とされ、跡形もなくなってしまったとします。
そして、その後すぐさま、特殊な技術によって、心理的特徴、そして身体的特徴がかつての彼と全く同一である偽物の彼が生み出されたとします。(荒唐無稽ですが)

この場合、常識的に考えれば、我々は偽物の彼が絵を描いた人物であるとは判断しないでしょう。
そうすると、心理的特徴や身体的特徴が似通っているだけでは、彼の同一性を確かめる根拠としては不十分と言うことになります。

そこで次に「身体を構成している物質が同一だから、彼は嘗ての彼と同一なのだ」、と主張したくなる人がいるかもしれません。
この基準をもってすれば確かに、上記のような「入れ替わった偽の彼と本物の彼が同一人物になってしまう」という問題は生じないでしょう。
しかし、この基準によっても、我々が以前の彼と今の彼を同一と言えるかどうかは定かではありません。
なぜなら、彼が絵を描いてから一定の期間以上たっていると、絵を描いた彼と今の彼は物質として同一ではなくなってしまうからです。
人を構成する物質は、新陳代謝によって数年ほどで丸ごと入れ替わってしまう以上、嘗ての彼と今の彼が同一であるかどうかは、物質的な観点からも定かではないのです。



とはいえ、以上は極端な議論なので、ここで哲学的な話を抜きにして、常識的見解を採用してみましょう。
つまり、個人は自己同一性を保ったまま存続し続けると仮定しましょう。
絵を描いた嘗ての彼と、今の彼は全くの同一人物です。
では、ここで我々はその彼の絵がすばらしいとき、彼を称賛するべきでしょうか?

私は正直そうは思えません。
仮に同一人物であるとしても、作者が褒められるべきであるというのは実はおかしな話なのです。
だって生みの親だからと言って、その人物を称賛するのはどう考えても異常ではないですか。
確かに、作品を生み出すのは作者です。
その作者無くして作品はありえなかったでしょう。
だから作品の鑑賞者たちは、感謝するような意味合いで作者を褒めるのだと思います。

ただ、作品の称賛は「作者」ではなく「作品自体」に向けられるべきなのでは?と私は思うのです。
美女を見てその親に感謝するなんてことは、普通しません。
もし我々が美女を見たとき、彼女の親ではなく彼女自身に対して称賛の言葉を掛けるでしょう。
だから作品についても同様で、我々は作者ではなく作品自体を称賛するべきなのでは?と思うのです。



以上を踏まえ、私は作者というものが本来褒められるに値しない存在だと考えます。
完成された時点で子である作品は独り立ちしており、親である作者とは、最早全く無関係なのです。
大勢の人々は、作品の素晴らしさと作者の素晴らしさを取り違えています。
現代では著作権というよくわからない概念が出来てしまってので、これらを混同する人がいるかもしれません。

本来芸術はそれ自体が目的だったはずなのに、いつの間にかお金を稼ぐための、或いは有名になるための手段に成り下がってしまいました。
しかし、我々はもっと芸術それ自体に愛を向けるべきではないでしょうか?

関連記事

芸術 自己同一性 作者

4 Comments

おかめ  

no title

ベクシンスキーの絵みたいな、不思議な魅力のある絵ですね、思わずみとれました。

2014/11/01 (Sat) 03:27 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

おかめさん、コメントありがとうございます。気に入っていだだけたら幸いです。
ベクシンスキと自分の絵を比較するのは恐れ多いですが結構いろいろなところで言われます。
特に意識はしていないのですが何か近いものがあるのかもしれませんね。

2014/11/01 (Sat) 13:13 | EDIT | REPLY |   

hige  

no title

樹皮に飛び散った真っ赤な血。
サディスティックな乾燥したエロス。
私がゆがんでいるのかも。

2014/11/01 (Sat) 20:19 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

higeさん、コメントありがとうございます。

higeさんはゆがんでいるかは解りませんが、けっこう特殊なひとだと思います。
普通のひとはこんな絵見ても通り過ぎていってしまうので・・・。
また感想いただけたら嬉しいです。

2014/11/01 (Sat) 20:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment