脳内交響曲

ARTICLE PAGE

23 2014

死の恐怖を克服する方法:エピクロス主義

MAS99.png

今回は、古代の哲学者のエピクロスの提示するの克服法を見ていきましょう。
彼は次のように述べることによって、は我々にとって全く恐ろしくないことだ、と主張します。

「・・・は、それが現に存するときわれわれを悩ますであろうからではなく、むしろ、やがて来るものとして今われわれを悩ましているがゆえに、恐ろしいのである、と言う人は、愚かである。なぜなら、現に存するとき煩わすことのないものは、予期されることによってわれわれを悩ますとしても、何の根拠もなしに悩ましているにすぎないからである。」
エピクロス(1959)『教説と手紙』(岩波文庫)、出隆・岩崎武雄訳、岩波書店、p67)

或いは、次の個所からも、彼の主張が象徴的に伺えます。
は、もろもろの悪いもののうちで最も恐ろしいものとされているが、じつはわれわれにとって何ものでもないのである。なぜかといえば、我々が存するかぎり、は現に存せず、が現に存するときは、もはやわれわれは存しないからである。そこで、死は、生きているものにも、すでに死んだものにも、かかわりがない。なぜなら、生きているもののところには、死は現に存しないのであり、他方、死んだものはもはや存しないからである。」 (同書、p67-68)



彼の主張のポイントは二つあります。
一つは「死が存在の抹消であると考えている」という点。
彼は唯物論的に世界をとらえています。
だから、人間の魂的部分(心)は肉体の死と同時に消滅するのだから、後には自己を構成するものは何ものこらない、というわけです。
この点は現代の我々の認識からそこまでかけ離れたものではないでしょう。

そしてもう一つのポイントは彼が快苦の経験のみが善悪(幸不幸)の決定要因であると考えているという点。
上記の死の定義に基づけば、死後にはいかなる苦痛の状態・経験もありません。
だから、苦痛以外に恐れるものは何もないのだから、別に死は何でもないと。
そして、苦痛が起きるわけでもないのにそれを不安がるのは愚かだと。こういう理屈です。

エピクロスは死なんかどうでもいいから、生きることの良さを味わえと言いたいのでしょう。
生きることにのみ関心を持ち死を完全に無視する、こういう生き方は一見魅力的であり、実践できるならぜひとも実践したいところです。



ただ、エピクロスの主張には問題がないわけではありません。
私が思うに、彼の主張には二つの点で問題があります。

まず一つ目の問題点は、殺人や自殺が全く問題では無くなってしまうということです。
通常我々は殺人が相手に重大な危害を加えることだと判断しています。
しかし、もし死んでしまうことに全く問題がないのであれば、場合によっては殺人が横行することにもなりかねません。

殺人は苦痛を与えるから危害を加えることなのだという人もいるでしょう。
確かに殺す際に苦痛を与るタイプの殺人であれば、エピクロスの基準からしても殺人は悪ということになります。
しかし寝ている間に全身麻酔を施して、人を強制的に安楽死させるのはどうでしょうか。
これは苦痛を加えていませんが、どう考えても相手に危害を加えていると言えるのではないでしょうか。
少なくとも私だったら寝ている間であっても殺されれるのは御免ですが、しかしエピクロスの基準で行けば、このような殺人は全く問題がないことになってしまいます。

そして、彼の主張のもう一つの問題点は安楽死したいときに死を選べないという点です。
例えば我々が不治の病にかかり、もう未来に何の希望もないとしましょう。
苦痛もぐんぐん耐えられないレベルに増してきていて、もう一刻も早く死にたいと思っている。
しかしエピクロスの基準でいけば、この場合であっても死は何でもないことなく、我々は死を選べないことになります。
もちろん、ここで「死なんかどうでもいい、生きることがすべてだ」と考えることは出来なくはないですが、私からすればそれは強がりにしか見えません。



エピクロスの主張は一面の真理がありますが、やはり納得しがたいものがあります。
もし彼の主張に問題があるとすれば、それは恐らく予期の不安を排除していることでしょう。
死は確かにを苦痛をもたらしたりはしません。
ですが、我々からすれば死は永遠の未来の抹消であるには違いないのです。

エピクロスの「死は何物でもない」という主張は一見魅力的ではあります。
しかし彼の主張は我々の認識を強引に改訂しようとしている側面があり、死の恐怖を克服する上であまり説得的なものとは言えないでしょう。



・First Impression

FI2.png

・Second Impression

SI3.png

関連記事

エピクロス 死の恐怖 哲学

4 Comments

まちるのかなでふ  

ご訪問いただきありがとうございました。

とても素敵な作品ばかりですね。
その才能が羨ましいです。
ちょこちょこ拝見させていただきます。

2014/07/23 (Wed) 13:29 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

こんにちは、コメントありがとうございます。

お褒め頂きとても嬉しいです。才能があるかは難しいところですが・・・。
これからも気ままに更新していきますのでよろしくお願いします。

2014/07/23 (Wed) 15:06 | EDIT | REPLY |   

hige  

no title

冷たくて倒錯したエロス。
幼児性が秘めた獣の願望。
素敵。

2014/08/07 (Thu) 14:56 | EDIT | REPLY |   

ぶち丸  

Re: no title

お褒めの言葉ありがとうございます。

なんだかすごい艶かしい表現ですね・・・。
higeさんは私の考えより遥か先をいっていると思います。

2014/08/07 (Thu) 18:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment