脳内交響曲

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年01月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

身体があるという病

人間がかかる病気には、癌や感染症など様々なものがあります。そして殆どの人は、これらの病気に罹ってこの世から去っていきます。一生のうち病気に罹らない人は、まずいないと言っていいでしょう。清潔な部屋に隔離され、徹底的に栄養管理・体調管理された人でも、いずれ何らかの原因で身体を壊します。つまり我々は病気とは、切っても切れない関係にあるのです。現代の医学は人間から病気を出来るだけ遠ざけようとしてきました。...

  •  6
  •  0

自己言及のパラドックス

ここでひとつ、面白いことを言っておきましょう私のあなたに対する発言は全部嘘です正しいことは何一つありませんこれまで私が語った内容はすべて出まかせでしたそしてこれから語る内容もすべて同様です私はこれまで他人を傷つけるためだけに生きてきました他人を傷つけるためならどんなリスクを犯してでも嘘を付いてきましただって他人を騙し、欺き、裏切ることは私の生きがいなのですから他人が騙されていたことに気づいた時に見...

  •  12
  •  0

ブラックメタルの名曲集(00年代以降) (-随時更新)

No image

ネット上にある気に入った曲の動画をまとめた記事です。今回は(00年代以降の)ブラックメタル編。Clandestine Blaze - Winter of White Death(2004、Album:Deliverers of Faith)...

  •  0
  •  0

死に対する態度

最近病気について勉強してます。縁起が悪いですが、暗いことについて調べるのは私の趣味なのです。ただもう関心が他のことに移りかけているので、「勉強してます」ではなく「勉強してました」っていうべきかもしれないんですけどね。まあそれはさておき、私はいつか病気になるかもしれないのが本当に怖いです。ある日突然頭の血管が切れて意識を喪失する状況とか、ガリガリにやせ細って呼吸もままならなくなって、それでもなかなか...

  •  2
  •  0

誕生前の非存在が無害なのだから、死後の非存在も無害なのではないか

我々は普通、幸福な人物が早死にしてしまったような場合、彼は不幸であると考える。このような判断はごく一般的なものであろう。だが、我々は遅く生まれてしまったことによって、人が不幸であるとは我々は考えない。そのため、我々の誕生前の非存在と死後の非存在に対する態度は非対称的なものであると言える。では、我々はなぜ非対称的な態度をとらなければならないのだろうか?我々は、生まれる前の非存在が悪ではないのだから、...

  •  4
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。