脳内交響曲

CATEGORY PAGE

category: 死について  1/2

人生を充実させても死の恐怖を克服することは出来ない

前々回の記事の最後の方で私は「人生を充実させるという死の恐怖の克服法にはいくつかの問題があり、以降の記事でこの点について説明していく」と書きました。そして、そう書いてから半年近くも記事を更新をしていなかったわけなんですが、今回の記事では重い腰を上げて、ようやくそのことについて書いていこうと思います。なぜ、人生を充実させても死の恐怖を克服することが出来ないのか。これについては死ぬ間際の自分を思い浮か...

  •  0
  •  0

生きることそれ自体の価値

死について思ったことがあるので、今回はこのことについて少し書いておく。前回の記事で私は死の恐怖の克服について書いた。そして、その結論は「死の恐怖を克服することは可能でありうる」というものだった。「自分の人生を充実させれば、その人生は短く終わろうと良いものであることに変わりないのだから、死は怖くない」この結論に納得できるか出来ないかは人によるにせよ、自分は当時素直にそう感じたのだ。だが、自分の人生を...

  •  2
  •  0

特別な死などない

死に優劣をつけている人に違和感を覚えます。例えば、「癌とかで死ぬのは嫌だけど、老衰なら良いや!」なんて楽観的に考えている人は多いんじゃないでしょうか。また報道関係者は、(有名人以外の)病死はろくに取り扱わず、事故死や災害死、殺人事件ばかりを大きく取り上げます。こういった具合に良い死と悪い死がある、みたいな区別をする人の心理が私には理解できません。私は、全ての死を絶対悪であると考えています。事故死や...

  •  4
  •  0

死に対する態度

最近病気について勉強してます。縁起が悪いですが、暗いことについて調べるのは私の趣味なのです。ただもう関心が他のことに移りかけているので、「勉強してます」ではなく「勉強してました」っていうべきかもしれないんですけどね。まあそれはさておき、私はいつか病気になるかもしれないのが本当に怖いです。ある日突然頭の血管が切れて意識を喪失する状況とか、ガリガリにやせ細って呼吸もままならなくなって、それでもなかなか...

  •  2
  •  0

誕生前の非存在が無害なのだから、死後の非存在も無害なのではないか

我々は普通、幸福な人物が早死にしてしまったような場合、彼は不幸であると考える。このような判断はごく一般的なものであろう。だが、我々は遅く生まれてしまったことによって、人が不幸であるとは我々は考えない。そのため、我々の誕生前の非存在と死後の非存在に対する態度は非対称的なものであると言える。では、我々はなぜ非対称的な態度をとらなければならないのだろうか?我々は、生まれる前の非存在が悪ではないのだから、...

  •  4
  •  0

無とは何か

我々は、「人は死んだあと無になる」という表現を安易に口にしがちです。しかし、無というものの実態が掴めないまま、その言葉を使い続けるのはあまりにも虚しい。なので今回は、いずれ誰もが至るであろう無について私見を書きます。まず死によって至る無は二種類に分類できるかと思います。一つは相対的な無、そしてもう一つは絶対的な無です。相対的な無とは、以前は居た人が今では居なくなった、という比較によって見出すことの...

  •  2
  •  0

死は何故有害なのか

多くの人々は、事故や病気で大切な誰かが亡くなったりすると非常に悲しみます。また多くの人々は自分が死ぬことを恐れ、生活の維持に異常に気を配ったり、金儲けに苦心したりします。どうやら彼らは死に対して何か悪いイメージを持っているようです。では、死は人を何か害するものなのでしょうか。確かに私も死ぬのは怖いですが、死によって人は一体何を失うのでしょうか。まず考えられるのが、他者との関係性です。人は死ぬと、大...

  •  6
  •  0