脳内交響曲

ある時は世界一陰鬱な絵画を生み出すことを目指すブログ。またある時は死・人生について考えるブログ。

02 2021

旅行記(静岡県:伊豆編) その④

どうもご無沙汰しています、ぶち丸です。
若干間が空きましたが、気が向いたので記事でも更新します。

内容について言うと、今回も前回と同様、伊豆廃墟の写真を載せていこうと思います。
撮れた写真が結構微妙だったので載せる気があんまり起きなかったのですが、まあ折角行ってきて撮った写真なので、公開することにします。
(手振れの写真が多めですが、その辺りは気にしないでください。汗)



玄岳ドライブイン

前回紹介した下田の廃ホテルを出た後は、今度は北上して伊豆スカイラインという有料道路へ向かいました。
今回の目的地はその有料道路の途中にある巨大ドライブイン跡です。

名称未設定_パノラマ1bbb切断2

↑は有料道路の途中にある展望台からの眺め。
遠くの方に駿河湾が見えるなかなかの絶景でした。
まああんまり感想とかは多くは言えないのですが、やはり高い所から望む景色というのは良いものですね。

ちなみにこの写真は西の方角を撮ったものなんですが、反対の東の方角は大変濃い霧に包まれていました。
廃墟のある場所の方が完全に霧に包まれていたので、展望台にいるときはかなり不安な気持ちでいっぱいでした。(笑)

展望台をでたあとは、不安になりながらも廃墟の方に進んでいきました。
そしてしばらく進んでいくと、やがて遠くの方にうっすら巨大な建物が見えてきました。

DSC_5022.jpg

↑が今回の目的の廃墟です。
霧のせいで若干見づらいですが、中々面白い形の建物でした。

ちなみに駐車場は封鎖されていたので、車は道路のすぐそばの若干開いているスペースにとめました。
そんなに交通量は多くなかったですが、車はそこそこ通っていたので、恐らく何者かがこの建物に侵入しているのはもろバレだったでしょう。(笑)

DSC_5024.jpg

もう少し建物に近づいて撮った写真。
建物にはこんな感じでスロープがついていました。
二階には厨房があったので、たぶんこれは搬入に使われていたんでしょうね。

DSC_5027.jpg

入口はこんな感じで封鎖されていました。
ただ、裏口は普通に開いてましたし、スロープの所からも普通に入って行けるので、ここは所謂ウェルカム物件というやつですね。

名称未設定_パノラマ-1bb完成bb

↑は建物を裏手から撮った写真。
この写真は帰りに霧が晴れた時に撮ったやつです。
写真を後から無理やりつなげたので結構歪みも大きいんですが・・・、まあその辺は気にしないでください。(笑)

DSC_5041_20210101211439ca7.jpg

今回は↑の裏口から入っていきました。
多分昔はここから外に出て展望台から景色を眺めるという感じだったんでしょうね。

DSC_5042.jpg

建物の中はこんな感じ。
荒らされて、落書きも大量にされて、完全に無法地帯と化してます。
おまけに足下はびちゃびちゃだし、外からは霧が大量に舞い込んできていてるので、この建物にいるのは不快極まりないです。(汗)

DSC_5047.jpg

とりあえず建物に入った後は、建物の周りを囲むように円形の通路が続いていたので、それを進んでいきました。
写真は明るく調整してありますが、中は結構暗いので歩いていると緊張します・・・。

DSC_5048_1.jpg

少し進んで振り返って撮った写真。
行った時は緊張してて気づかなかったけど、よくみると左下にこたつが写っていますね。
あんまりドライブインとか行かないので知らないのですが、こたつって普通ドライブインにあるものなんでしょうか・・・?(笑)

DSC_5054b.jpg

通路をすすんでいくと、やがて最初の入口のあたりに戻ってきました。
今度は建物の内側の方に進んでいきます。

DSC_5056_1.jpg

建物の内側に入っていくと厨房がありました。
それにしても、ここは物品の残されている量が滅茶苦茶多いですね。
こういう施設がそのまま不使用になって荒らされてしまうというのは何とも勿体ないです。

DSC_5107_1.jpg

厨房の一番奥まで進んでいくと、建物の中央の位置に謎の空洞がありました。
なんでこんな空間があるかはよく分からないですが、梯子がついてるので一応ここも人が出入りしてたのかな・・・?

DSC_5103_20210101212553032.jpg

下の方を見ると歯車らしきものがありました。
一番上の階にも同様の歯車があったので、たぶんこの歯車をそこと繋げて何かをしてたんでしょう。
(詳しい用途は全く分かりませんが)

DSC_5060.jpg

一階を一通り回った後は階段があったので、今度は二階に上っていきました。
それにしてもここは地面に破片とかが落ちているので歩くのに神経を使いますね・・・。(汗)

DSC_5070_202101012128093f0.jpg

二階も一階と同様に建物の周囲をぐるっと囲むように通路があったので、それを進んでいきました。
厨房なんかがありましたが、一階と同様にただ荒れ果てた空間が広がっているだけで、見どころは特にないです。(爆)

DSC_5064.jpg

↑は最初のほうに出てきたスロープの所に出て建物の方を撮った写真。
相変わらず外は霧が深いです。

DSC_5067.jpg

↑は建物の中央をつらぬく通路の写真。
この辺りは奥の方が完全に真っ暗になっていて、滅茶苦茶怖かったです・・・。
たぶんこれまでの廃墟探索の中で、この通路を進んでいくときが一番ぞっとしました。
(こんな所を一人で進んでいくなんて私はどうかしている笑)

ライトが無かったらとても進んでいくことは出来なかったでしょう。
やはり明るい時間帯ではなく夕方に廃墟に行くと怖さも倍増って感じですね。

DSC_5068.jpg

通路の途中にあった配電盤。
廃墟に行くと普段あまり見られないこういうものが見れるので、中々楽しいです。

DSC_5069.jpg

通路を進んでいくと右手に怪しげな階段がありました。
二階は左程面白そうなものもなかったので、今度はコチラへ進んでいきます。

DSC_5078.jpg

階段を上っていくと左手に出口がありました。
ただ外は相当水が溜まっていたので、この日はここから出るのはやめときました。

DSC_5085.jpg

さらに階段を上って一番上まできたところで撮った写真。
どうやらここが建物の一番上の階のようです。

一番上の階は結構広めな空間になっていて、ここには大量の椅子を組んで作られた変なオブジェがありました。
ただ、それの写真を載せるのはそのオブジェを作ったやつの意図に載せられるような気がして嫌なので、やめときます。(笑)

DSC_5088_1.jpg

一番上の階の隅には途中にあった空間の歯車とつながっている(つながっていた?)と思われる歯車が二つありました。
↑はそのひとつです。
あんまり機械のことは分からないけど、この歯車はボルトが無駄にたくさんついていて、なかなか面白いデザインですね。

そして、歯車の傍にはなぜかドラムが落ちていました。(笑)
こたつといいドラムといい、この廃墟にはなんか意外なものがチラホラありますね。

DSC_5094_202101012132364a5.jpg

一番上の階の空間の反対側にあるもう一つの歯車。
こちらもまあデザインはほとんど同じですね。

ちなみに上の方にある換気扇はグルグル回っていた気がします。
廃墟に行くととしばしば換気扇が回り続けているのを見かけますね。
たぶん通り抜ける風で回っているんでしょうが、実際に回っているのを見ると「電気も通ってないのになぜ!?」みたいな感じで若干不安な気持ちになります。

DSC_5092_20210101213959d83.jpg

↑は一番上の階にあった配電盤。
下の階にあったやつとは全然デザインが違いますね。
ひょっとして配電盤は一個一個がオーダーメイドで、一つとして同じものはないとかそんな感じなんでしょうか。

名称未設定_パノラマ1-復元b

建物の内部を一通り回ったので、その後は建物を出ました。
↑は建物の裏手の展望台から東の方を撮った写真。

ここにもどって来る頃には霧もすっかりなくなっていました。
やはり山の天気というものは短時間ですっかり変わってしまうものですね。

DSC_5135.jpg

最後に駐車場に戻って建物を撮りました。
かすんでいた最初の時とは違い、今度はくっきり撮ることが出来ました。

というわけで、廃ドライブインについては大体以上です。
一応地下とかもあったけど、ほとんど見どころの無いただの空洞みたいな感じだったので、そちらについては割愛。

感想を言うと、この廃墟は「思ったより物足りなかったなあ」というのが正直のところです。
外観が面白いので結構行く前はココは期待していたんですが、実際行ってみると胸躍るようなものは無かったので若干がっかりしました。

前回行ったホテルが絵になる写真が撮れるかなり高品質な場所だったので、それに比べると本当に見どころが少なかったです。
残留物に趣が無いことや、落書きが無駄に多いのが痛いですね。
まあこの廃墟があるあたりは霧が出やすい地域らしいので、霧とかが出てるときに行って終末観を楽しむのがベストな楽しみ方なんでしょう。
ここは一度行けば十分だなと個人的には思いました。
とりあえず玄岳ドライブインについてはそんな感じ。



というわけで、伊豆の廃墟巡りは以上になります。
二日間という短い期間の旅行でしたが、日数の割にはマアマア色々回れたほうかな?と思います。
本当はまだ行けてない廃墟が伊豆にはいっぱいあるんですが、まあそれらについてはまた別の機会にということで。

まあとりあえず今回の記事はこんな感じです。
ではまた次回。
次回は栃木県の廃墟を巡ったときに撮った写真を載せていこうと思います。それではしばらく。

伊豆 廃墟 玄岳ドライブイン