四国廃墟探訪:スカイレスト ニュー室戸

どうもコンニチハ、ぶち丸です。
色々忙しくて若干更新に間が空いてしまいましたが、改めて記事を作っていこうと思います。

今回の記事は前回に引き続き四国廃墟探訪シリーズ第二弾となります。
今回とりあげるのはスカイレスト・ニュー室戸という廃墟です。

コチラは室戸岬という場所の山上にある建物で、結構有名どころのようです。
有名すぎて正直あまり記事にする気が湧かなかったりするのですが(爆)、まあ折角行って写真も撮ってきたので、一応記事だけは作っとこうと思います。



訪問日:2020年11月22日

今回の物件は室戸スカイラインという室戸岬付近の道路沿いにあります。
入口にバリケードとかロープは一切なかったので、多分ここはもう誰にも管理されていないのでしょう。

_DSC6775_20210731084359469.jpg

建物の外観。
まあネットの下調べの段階で外観は知っていたのですが、実際行ってみると案の定奇妙な見た目でした。
一応ここはレストランだったみたいですが、なんとなく要塞的な雰囲気を醸し出しております。

_DSC6781.jpg

建物の入り口付近には不法投棄禁止の看板があるのみでした。
これはつまり、ごみは捨てたらイカンけど、建物には入ってイイヨということなんでしょうか。(笑)

_DSC6782_2.jpg

建物の入口。
行った時期は秋の終わりごろでしたが、それでもだいぶ植物が生い茂っていました。
ここは夏場とかに行くと、中に入るのが大変そうですね。

_DSC6785-パノ2

建物の内部から入口を撮った写真。
内部は閉業から相当時間が経っているのか、だいぶ荒廃していますね。

_DSC6783.jpg

通路脇には小部屋がいくつかありました。
小部屋の中には年代物のテレビ等が置いてありましたが、まあ特に面白いものとかはないです。

_DSC6787.jpg

通路を進んでいくと、上の階への入口が出てきます。
案内によると建物は四階まであるようです。
ただフロアーはココも含めて三つしかなかったと思うので、どうやら今いる一番下の階が二階ということになるようですね。

また案内によると、この建物は結婚式場でもあったようです。
行く前はレストランがあるだけだと思ってたので、これは結構意外ですね。

_DSC6786.jpg

ちなみに上の階への入口には何故かマネキンの一部が置いてありました。
全身ではなく下半身だけというのが地味に気持ち悪いです。(汗)

多分誰かが悪ふざけで置いていったのでしょう。
廃墟に行くとしばしばこういうものが置いてあることがありますが、個人的にこういう嫌がらせは嫌いではないです。

_DSC6788.jpg

さきほどとは別の上の階への入口。
一応この建物には上の階へ続く螺旋階段が二つ存在しているようです。

名称未設定_パノラマ1こうかくほせいかんせい2

一階の通路を更に奥に行くと、結構広めの部屋がありました。
先ほど遊技場と案内に書いてあったので、どうやらここはその部屋のようです。

舞台とかがあるので多分ココでは宴会とかが行われてたんでしょう。
この遊技場の荒廃具合は個人的にかなり好みですね。
(石綿含んでそうな箇所があるのが若干気になりますが。)

_DSC6799.jpg

一階を見終わった後は上の階へ。
螺旋階段をしばらくグルグルと上って進んでいきます。

_DSC6801_1.jpg

階段を上っていくと、やがて上にやってきました。
こちらのフロアーも中々の荒れ果て具合ですね。

_DSC6805パノp

フロアー全体は大体こんな感じでした。
一応案内によると、ここに結婚式場・和室・喫茶・レストランがあったみたいですが、荒れ果てすぎていて今一つ想像が出来ません。(汗)
本当にここで結婚式なんてイベントが行われていたんでしょうか。

_DSC6803.jpg

同じフロアーから東方向を撮った写真。
水が溜まっている箇所の向こうに海が広がっていて、眺めは中々良いです。

_DSC6811.jpg

西方向を撮った写真。
コチラにはソコソコの量の木材が散乱していました。
たぶんこれらは内装を解体した際に出たものでしょう。

_DSC6820-パノ

南方向を撮った写真。
はるばる山上を見渡すことが出来て、こちらも眺めはとても良いです。

_DSC6826.jpg

その後は更に階段を上って最上階へ。
この辺りまでくるとカナリ高さがあるので、下を覗き込むと滅茶苦茶怖いです。(汗)

名称未設定_パノラマ1b

階段を上っていくとやがて最上階へやってきました。
どうでもいいことですが、この出てくる所の構造物は何となく顔みたいに見えるので、それが地味に笑えます。(笑)
もしかしてこれはそれを狙って設計したんでしょうか。

_DSC6844-Pano3.jpg

最上階から見た東方向の海。
下の階でも見たので余り感慨はないですが、コチラは下に比べるとより広々と海を見渡せますね。

_DSC6827-パノ

最上階から西方向を撮った写真。
こちらも二度目ですが、まあ普通にいい眺めでした。
個人的にこの廃墟で撮った写真ではこの写真が一番好きかな。



はい、というわけでスカイレスト・ニュー室戸は大体以上のような感じでした。
小規模な廃墟だったので、記事が思ったよりも短く済みました。これはありがたい(笑)

建物が劣化してて危険!みたいなことが書いてあるウェブサイトもありましたが、実際行ってみるとそこまで危険とは感じませんでしたね。
海の近くとはいえコンクリート製だし、まあこの建物はまだ暫くは残り続けるでしょう。

結構内部は荒廃していて内装も解体済みだったので、この物件は旬を過ぎてるなと感じました。
あと、あっという間に見終わってしまうので、その点も残念と言えば残念かもしれません。

ただ荒廃した遊技場なんかは中々味があったし、見晴らしも良いので個人的には中々楽しめました。
まあこの物件は室戸岬に行く機会があったら、寄っていく価値がある場所だと一応言ってよいでしょう。
(寄らなくても全然OKだとも思いますが)

とりあえず、今回の記事は大体以上のような感じですね。
ではまた次回。次回は同じく室戸岬にある国民宿舎の廃墟の紹介記事になります。それではまた。
スポンサーサイト